日々のこと、手仕事のこと、食べること・・・小さな喜びを見つけたい

by mammy's treasure

大往生

義父は、おそらく苦しむこともなく穏やかに川を越え、花の咲き乱れる向こう岸へと虹の橋を渡って行ったと思います。

10日木曜に心臓にカテーテルを通す手術に、不安がる義母のために義弟嫁と主人が付き添いました。
無事終わり、一日入院して翌日金曜は予定通りに腎臓透析をして帰宅。
祝杯のビールのグラスを持つ義父の写メが私の元に届きました。
翌土曜日はデイサービスに出かけ、午後帰宅。
夜、ひょっこり訪れた義弟夫婦(↑嫁)と義母と楽しく食卓を囲み、ビールもほんの少し飲んだそうです。
ところが、この夜は義父がトイレで立ち上がれなくなって往生し、なんとかベッドに連れて行ったとのこと。
今までは何とかトイレやお風呂は一人でできたのに、突然動けなくなったことに義母も動揺し、この状態では自分一人での介護は無理かも・・・施設も考えなければならないかと、主人と話したのだそう。

この後、深夜1時頃。
睡眠導入剤を飲んで寝ている義母がこの時間帯に目を覚ますのはないらしいのですが、ふと気づくと義父がベッドの脇に座り込んでいました。
義母が「トイレ?」と聞くとうなずくので手を貸して立たせようとしましたが動けませんでした。
何とかベッドに座らせ、気づくと父は失禁していました。
義母が取り替えようとすると、義父は目に涙をいっぱい溜めて義母を見つめ、口を動かして何かを伝えようとしましたが声は出なかったそうです。
取り替えることで頭がいっぱいだった義母は、その時はあまり気にとめなかったのです。

「お父さん、きれいになったから寝ようね」と声をかけてベッドに寝かせ、自分も布団に横たわり朝を迎えました。

朝7時過ぎ、義父が自ら目覚めるのを、いつも待っていた義母は何も知らず朝食の準備をしていました。

義父を起こすなどしたこともなかった主人が、この朝だけは息をしているのを確認しなければ・・・と不安に駆られて父のもとへ行き、「父さん、おはよう」と声をかけて足を触ると、すでに冷たくなっていたそうです。
人工呼吸を試みるも、全く反応せず、もうダメなのか・・・と。
救急車と病院と警察・・・怒濤の一日の始まりでした。

それから早10日。時間は素早く優しく流れていきました。

義母は、あの言葉にならない言葉は「ありがとう」だったと、確信を持ってその夜私たちに語りました。


義父からのメッセージは義妹を通して送られている・・・と言ったら、皆さんおどろかれるでしょうか。
義妹の言葉の信憑性をはかる術はありませんが、進行してゆく物事や時間、そしてその場の雰囲気に義父の気持ちが表れていると、私は確信しています。

義父は自ら選んで虹の橋を渡ったのだと、義妹(↑弟嫁)や私は信じています。
トイレで立てなくなったときに、自分の体が使い物にならなくなったことを悟ったのかもしれないし、これ以上義母に迷惑をかけたくなかったのかもしれません。

83年の人生でやり残したことも、悔いもないそうです。ただ、母への愛情・感謝を伝えられなかったことだけが心残りだそうです。この次もまた義母と結婚して一緒に暮らしたいそうです。
辛かった医療行為(父はここ半年は病院漬けでしたが、おおよそ82年間ほとんど病気をしませんでした。脱腸で手術したくらいかな?病院へ行くのも嫌いだったようです^^;)から解放されて、ほっとしているようです。

無口で几帳面、生真面目、誠実、そしてちょっと怒りっぽい義父らしい最後だったと思います。

こんな根拠を示すことのできない話を信じる義母ではありませんが、義父のそういった気持には何の疑いも持っていないようなので、幸せなことです^^

義父の大往生。
名もないささやかな人生でも、命の重み・積み重ねの大切さ、生きた証が確かにそこにある。
そして、残された家族が感じて引き継いでいくのだな・・・と。
子供たちにそんなことを伝えられたらいいな・・・と思える義父の葬送でした。

もう一人、こっちは見えちゃうタイプの私の弟いわく。(これもねぇ、真か嘘か、確かめる術はナシーー;)
お骨を拾った場所近くに、驚くくらいにこやかな笑顔で立っていた・・・と。
あ、ちなみに私は全く見えませんよ^^;


私にとって、親じまいは2回目。一度目は約3年前の私の母の時。
2度経験してみて、葬儀というのは家中の良いこと悪いこと、あるいは人間関係を炙り出すものだなぁ・・・とつくづくーー;
と~ってもお勉強になりました、チャンチャン^^;

8日間、家を空けてお世話になったRちゃん、ありがとう!!
おかげでバラたちも枯れずに、生協の冷凍品も腐らずに済みました~^^遠くの親戚より近くの友達。みなさん、お友達は大切にね!

日曜夜に帰宅した私を、バラたちが待っていてくれました。
f0279566_13565652.jpg

[PR]
by makemeup_451248 | 2014-07-22 14:16 | 家族 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://alotoflife.exblog.jp/tb/22591567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by snow0717 at 2014-07-22 15:50
おかえりなさい(^_^)

お疲れなのにイイねをありがとうございました。
今少しキレイなバラたちに囲まれてごゆっくりされてくださいね。

Commented by makemeup_451248 at 2014-07-22 15:55
snow0717さん

ありがとうございます。
今週はちょっとゆっくりして、エネルギーチャージ!!します^^
Commented by yume1208 at 2014-07-22 19:08
こんばんは。
お父様、家族の見守る中で安心されて、虹の橋を渡って行かれたんですね。
mammy's treasureさんの弟さんが見えたのも安心されているって事ですよね。

ゆっくり身体を休めて下さいね。
日々を大切に~あ~しなきゃですね

^_^;
Commented by makemeup_451248 at 2014-07-24 14:31
yume1208さん

ありがとうございます^^
人生を閉じるとき、自分で選択して納得して橋を渡れたら幸せですよねぇ^^

一日一日大切にしなくちゃね!・・・と思うけど、できてない・・・なぁーー;