日々のこと、手仕事のこと、食べること・・・小さな喜びを見つけたい

by mammy's treasure

想定外の人生

今年は、私達夫婦のちょっと年上の友人の何人かが定年を迎える。

私が20代半ばから付き合いのある人達で、理由をつけては飲み、ドライブやスキーに行ったりロードレースに参加したり…独身時代の最後の5年間は彼らとの思い出がいっぱい。

昼間より夜の飲み会が圧倒的に多かったので、走る(歩く)とかけて『あるこうるず』と命名。

その時その時、メンツが足りないと適当な人を道連れにしてメンバーも膨れあがり、スタート時8名ほどだったのが2年も経つ頃にはほぼ2倍に。
何しろ年頃の年代の集まりですから、グループの中からカップルが誕生したり、或いは別のところから伴侶をつれてきたりで更に人数が増え、そのうちに子供が産まれて10家族の付き合いとなり30年が経ちました。

子供達も大きくなってからのここ10年は、『あるこうるず』としての活動(笑)は一部女性陣のお喋りランチのみでしたが、お互いに旦那さんのことも知っている気安さと思い出話しで盛り上がっておりました。

前置きが長過ぎですね〜〜>_<

その中のTさんが定年を迎え、仕事は延長せずに退職する決断をしたのです。

妻(もちろん私達の友達です^ ^)の体調が悪く介護が必要な状態になってしまったから。

真面目で優しく穏やかな人柄のTさん、いろいろ悩んだ末の決断だと思います。

数日前、激励会と称して男性陣6名で一次会を行い、私と他2名が二次会に呼ばれて行きました。

久しぶりに会う彼らは見た目こそ年輪を重ねていましたが、中身は相変わらず昔のまま。

f0279566_18015472.jpg

この日のために作った『あるこうるず年表』 を見て大笑い。
彼らだけで飲んでいた時も最初の2つの行事の話しだけで1時間過ぎたとか(-.-;)y-~~~

みんな、くだらないことばかり。
70過ぎたら混浴入ってあげるとか、熟年旅行行こうとか、挙句にホームを建ててみんなで暮らしたら楽しい老後になるんじゃないか、とか。

Tさんもただただ楽しそうに冗談に興じていました。

奥さんのCさんの容態や気持ち、Tさん自身の気持ち…たくさん聞きたいことがあったけれど、切り出せなかった。

でも、それで良かったのかも。

いつ終わるとも知れないこれからの介護生活。
終わるということはどういうことなのか、素人考えでも察しがつく病気。

あの場はただただ楽しい思い出の一コマであればいい。
それが大人としての一番の思いやりかもしれない…と、眠りにつきながら考えました。

長い年月のうちには、人生の転換期が幾度かあって、それぞれにそれぞれの悩みや哀しみを抱えながらその時期を超えて進んで行かなくてはね。
後悔することがあっても自ら選んだ道を、とにかく進んで行くしかありませんよね。

私達夫婦にもどんな形でかわからないけれど、いつかやって来るその日、予想もしない形で訪れるかもしれないその時をきちんと受け止められるように生活しなければならないと思った夜でした。




f0279566_12425949.jpg














[PR]
# by makemeup_451248 | 2017-06-15 14:25 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(0)

時をためる

「時をためる」って、どういうことだろう。

ここ数年前から密かに話題になっているらしい田端修一さん・英子さんご夫妻の生き方、つまりは暮らし方がなんとも素敵です。

f0279566_12431002.jpg

飾らず自分たちの好きなように、やりたいように、生きたいように生きているだけのようですが、この世の中そんな風に生きるって難しい。

あ、いや、難しいと思っている私達自身に問題があるのかもしれないけれど。

東大を出ながら(そもそも、こういう言い方をする時点で世間のつまらない常識に囚われていますよね^^;)サラリーマン時代もずっとヒラ社員のままでやりたい仕事に没頭したとか、月給が4万円の時代に数十万円のヨットを買ったとか。
修一さんは身内他人を問わず冠婚葬祭には一切関わらないとか。(これはホントに難しいです。ヘンジン扱いされる可能性特大です>_<)

でも、本を読んでいる限りヘンジンなどでは全くありません。
普通の人よりよっぽど賢明で優しく常識的なご夫妻です。

何より自分たちの利益などこれっぽっちも考えていない。
これから世の中を作っていく世代に何をしてやれるだろうか…ということを常に意識して生活しているのです。

わざわざ便利な場所から離れた広い土地に小さな家を建て、家の周りに畑や雑木林を作って半自給自足生活を夫婦で営んでいるのも、「ときをためる」ため。

「ぼくらは『だんだん美しくなる人生』をめざしてやってきたんですよ」と、さらりとおっしゃる修一さん。

「いつも先の先のこと、楽しいことを考えて生きてきたの。不思議だけど、すると人生はだんだんよくなっていくんですよ。」と、さらりとおっしゃる英子さん。

本の中で微笑むお二人は飾らず自然で、言葉通りに長い人生を共に歩んでこられたのだなと感じさせます。

「ときをためる」
時間なんて溜め(貯め)られないわよ〜〜‼︎っと思いました。
…が、そういうことでなくて、「ときをためる」ということは
「前の世代が残してくれたものを大事に受け継いでいくこと」
のようです。

形のあるもの、形のないもの、全てを含めて。

残念ながら修一さんは2015年に90歳で亡くなられたそうです。
普通の暮らしの中で午睡中に、まさに眠ったまま安らかに。

f0279566_13031244.jpg
こちらの本は修一さんが亡くなられた後の英子さんの聞き語りが収められています。
涙は無く淡々と、でも愛情深く語られています。

重苦しい社会の片隅でほの明るい光が灯っているような
人生…でしょうか。

同じように生きることはできなくても、これからは少しでも時をためられるように過ごしたいな…
エイジレスビューティ(だんだん美しくなる人生)を目指して。



f0279566_12425949.jpg












[PR]
# by makemeup_451248 | 2017-06-09 12:06 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(2)

梅雨の足音

庭先に梅雨の足音が近づいてきました。

f0279566_12194392.jpg
ガクが開き始めた紫陽花。
赤ちゃん紫陽花の色は薄緑。開いたガクはほんのり青をのせています。
雨音とともに色づき始めるのかしら。

f0279566_12220780.jpg
柏葉紫陽花はもう存在感を表し始めました。

f0279566_12225270.jpg
「隅田の花火」
一昨年、お隣から切り花で頂いたものもすっかり根付き、火花を散らし始めました。

f0279566_12244516.jpg
「アナベル」はまだ眠たげ。

f0279566_12254330.jpg
コロコロとした蕾が可愛くて、1ヶ月ほど前にお迎えした常山紫陽花。「碧のひとみ」と名前が付いていました。
「碧」は「みどり」と読むけれど、どうやら青緑色のことらしい。「白」は輝くという意味があるのですって。だからきっと、このコロコロとした蕾が宝石のよう?ということなのかしらね。
草丈は20センチあるかどうかなのに、こんもりと茂っています。

f0279566_12373467.jpg
遅咲きのイブ・ピアッチェもふっくらとして、明日の朝は華やかなお顔を見られそうです。

いつになく涼しい日が続くmammys地方ですが、確かに季節は進んでいます。

早くも今年も半分終わりそうで、焦りを覚えるこの頃です。


f0279566_12425949.jpg


[PR]
# by makemeup_451248 | 2017-06-07 12:14 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)
今年もやって来ました、俄かガーデナーと化する季節♪

そりゃまぁ、薔薇を育てる以上は寒〜い時期に庭に出ることもありますが、回数は段違いに増えるわけです。

薔薇の蕾が上がり始めると、庭の草むしり作業も心なしか軽やかに感じられます。

4/25の木香薔薇開花から気温の変調のせいか、いつもなら追いかけるように咲き始めるニコルも蕾を閉じたままでヤキモキしましたが、5月に入ってすぐに咲き始めました。

さぁ、いよいよ薔薇の季節です🌹

5/13には、友人のRちゃんとプリンスドームで開かれていたガーデニングショウへ行きました。

4年連続参観で少々食傷気味の気持ちも、いざ数々の美しい花を目の前にすると俄然スイッチが入るものです^ ^

f0279566_12595386.jpg
会期2日目に行ったのに、すでに完売だった「アマンディーヌ シャネル」。
会場で見た時は紅い薔薇…の記憶だったのに、写真を見たらピンク(@_@)。
Rちゃんも赤かったのに…と言っていたので見間違いではないようだけど…不思議〜(TT)

主人が作っている家庭菜園も、こんなポタジェにしてくれたらオシャレ感満載で良いのになぁ…と無い物ねだりしてみたり。

多肉ちゃんも飾り方で素敵なアクセントになるのねぇ、と感心してみたり。

それなりに楽しみましたよ。

この前日、NHK趣味の園芸講師で、京成バラ園のヘッドガーデナーである村上敏さんのトークショウが、ファンケル銀座スクェアであると言うのでこちらにも行きました♪

30分程度の短いお話しでしたが、初心者必聴の中身のあるお話しでとても参考になりました。

翌日、ガーデニングショウ会場でもお見かけしたので、毎日お忙しく飛び回られているのですね〜^ ^

ファンケル銀座スクェアの10Fロイヤルルームでは季節ごとにイベントが行われていて、春はローズガーデンと化します。

f0279566_13225621.jpg
何故か写真を1枚も撮らなかったので、こちらの写真はお借りしました。昨年の様子です。

確か、もうすぐ紫陽花ガーデンフェアが行われると思いますので、ぜひ行ってみて下さいね。

ファンケル会員でなくても出入りは自由ですよ、念のため^ ^
ちなみに、私はファンケル愛用者。すでに30年以上お世話になっています(*^^*)


家に戻ってみると…
ニコルに加えてピエールドゥロンサールも咲き始めていました♪

それから10日あまり、咲き揃ってきました。
今朝のピエール♡
f0279566_13364417.jpg

ダフネちゃんも可愛らしいフリルを披露。
f0279566_13384114.jpg

一昨年お迎えしたラピスラズリ。昨年までとは全く違う花姿(o_o)ラピスってこんな風に咲くんだo(^-^)o
f0279566_13404034.jpg

今年、ガーデニングショウで見つけてお迎えしたのはこちら、エターナル♡
やわらかなウェーブのフリルが素敵です♡
f0279566_13425001.jpg

ここのところ毎朝花を切っているので、たくさんの花瓶が出動中です。
f0279566_13465854.jpg

まだ固い蕾のままの薔薇もあるので、しばらくは薔薇の色香を楽しめますね。

嬉しい季節に哀しいニュースも…
突然、本当に突然、大好きなガブリエルとアンティークレースがダメになってしまいました(;o;)

アンティークレースは昨年秋から目に見えて弱っていたのですが、ガブリエルは春先突然萎れ始めて、ついに枯れた状態になってしまいました…。
何がいけなかったのか、頭の中で検証中です( ; ; )

そんな中、新しくエターナルと以前から欲しかったツルのアッシュウェンズディ、そしてこれも以前から欲しかったクレマチスの白万重をお迎えしたのですから、ホント、懲りない人間です。

お借りした写真ですが、こちらがそのお三方。

f0279566_14200511.jpg

やる気満々のニワカガーデナー2017です(o^^o)




f0279566_17522422.jpg








[PR]
# by makemeup_451248 | 2017-05-25 12:43 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

棚ぼたのシアワセ

5月。GWから始まって、あれやこれやで毎週末を東京で過ごし、ニワカ都民気分を味わっています^^;

明日の孫の初詣りのために上京しましたが、それだけでは勿体ないと木曜夜から来てあちらこちらをフラフラしております。

昨夜は娘が初サラリーで(実際には2回目のお給料ですが)ご馳走してくれるというので、出張で上京していた主人と待ち合わせして銀座の「黒猫夜」という中華料理店へ行きました♪

この春大学を卒業して保険会社に就職した娘は、ただいま研修中の身。
見かけだけはいっぱしのOLにはなりましたが、何やら保険関係の試験があるとかで、「勉強しなくちゃ💦」が口癖です。
学生時代にそんな言葉はあまり聞かなかったような気がしますけれど^^;

話しを戻して「黒猫夜」。
以前に娘とランチしたことのあるお店です。

ランチは土鍋ご飯のみのメニューですが、長粒米ご飯の上に豚の角煮だったり塩豚の炒め物だったりが載っていて美味しかったので、夜の食事も味わってみたかったお店です。

娘がコースを予約してくれていましたので、期待高まる中お料理が来ました来ました〜〜♪

f0279566_19395539.jpg
海老の紹興酒漬け、蒸し貝、鶏レバーの湯葉巻き、ホタルイカのラー油和え、焼き?そら豆、アヒルの水掻き(・・;)、フライドポテト、揚げピーナッツ。

ビール🍺が美味しい‼︎

続いて
f0279566_21312459.jpg

羊のつくね、鴨の舌(´⊙ω⊙`)、ソーセージ(香辛料が中華風)

中華って、けっこうゲテモノ⁉︎ありますよね。
昔、マラッカで飲茶を食べた時も鶏の足先(゚o゚;;…足首から先、3本指までですよーヽ( ̄д ̄;)ノ…が出てきてビックリしました。もちろん私はパス‼︎

今回、アヒルの水掻きも口元まで近づけましたがどうにも口が開かず、娘の大きな口の中へ放り込まれていきました。
プリプリして美味しい‼︎と娘は申しておりました。

鴨の舌は、どうにか私の口へ入れましたが、美味しいけれど舌と思うとなんとも、落ち着きません。
お味は淡白で、食感は牛や豚のそれに近い感じでした。
焼肉などでタンを食べますが、「舌」なんだ…とハタと思い出すと食欲が落ちる私です(ーー;)

次は空芯菜の炒め物と、どど〜んと魚の蒸し物。
f0279566_21501549.jpg
空芯菜は撮り忘れましたが、実は空芯菜を食べるのは初めてです。スーパーなどで見かけてもターツァイと並んで、なぜか手が出ないお野菜でした。
とてもクセがない青菜で、小松菜好きの私好みですね。

次は私の好物、黒酢豚‼︎

f0279566_22003652.jpg
豚がまるで角煮のようでした。濃厚なタレが美味しい♡

f0279566_22022982.jpg
シメは麻婆豆腐とご飯。丼ご飯にして頂きます。
この麻婆豆腐がビリビリ痺れるような辛さで美味しい♪
病みつきになるお味です。

デザートは胡麻の揚げ団子とほんのり甘い薬膳茶。
f0279566_17420000.jpg

好みの問題はあると思いますが、香辛料が効いたお料理でとても美味しかったです。

店員さんもキビキビ動いて感じよく、1人の女性店員さんから「あのー、以前にランチにいらっしゃいましたよね?」と声をかけられました。
その時、預けた荷物を忘れてお店を出てしまって(^^;)慌てて戻った経緯があったので、それで覚えていたのかしら…などと娘と話していたらそうではなくて、私達の顔がとても似ていたので覚えていた、とのこと。
ひとつひとつのパーツは違うのに、何故か似ている不思議な似方をしているからでしょうかね。

今日も美味しいものを美味しくたべられることの幸せを感じました(*^_^*)
娘が社会人になって初めてご馳走してくれたご飯ですから、なおさら美味しく嬉しい食事でした(o^^o)
ちなみに、母の日と父の日ギフトも兼ねて、とのことでした(^^;

なんの期待も抱いてない時に限って、時おり棚ぼたのようにシアワセな時間が舞い込んでくるものですね(*^_^*)♡

f0279566_17522422.jpg









[PR]
# by makemeup_451248 | 2017-05-20 18:11 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(0)