日々のこと、手仕事のこと、食べること・・・小さな喜びを見つけたい

by mammy's treasure

カテゴリ:日々のつぶやき( 83 )

卒業

昨日は娘の卒業式でした。
f0279566_17502414.jpg

楽しかった学生生活にもいよいよ別れを告げて、社会へ出発です。
袴の下は、本人の希望で成人式に着た私のお下がり振袖を着用しました。

f0279566_20500812.jpg
成人式の時に作ったこの簪も、再び登場です。
美容師さんがたいそう褒めてくれたので、母の手作りだと伝えると、「お母さん、天才!」とベタ褒めしてくれたそうで、ついついいい気になってしまいました😅

今はどんなイベントでもそれぞれの業者さんが大活躍で、便利な世の中ですね。
今回も昨年9月に大学生協で予約した貸衣装屋さんが、会場内でヘアスタイリングと着付けをしてくれました。

着付けをする部屋に入れるのは本人のみなので、どんな風景なのかはわかりませんが、1人あたりの所用時間は1時間弱。
複数の業者さんがほんの3〜4時間の間に何百人もさばくのですから、すごいですよね。

10:00から始まったお式の会場は有楽町の東京フォーラムで、午後からは学部ごとのキャンパスに戻って証書伝達。
着付けのために脱いだ洋服などの荷物は業者さんがキャンパスまで運んで、借りた衣装と引き換えで私服に着替えます😳
荒川キャンパスはそう遠くありませんが、日野と南大沢キャンパスまで袴を着て荷物を持っての移動は大変なので助かりました😊
ちなみに娘は南大沢キャンパスまで移動です。

お式では来賓の小池都知事を楽しみにしてたのですが、公務ご多忙のようで欠席でした。
当初は都知事挨拶を副知事代読ということでしたが、そこはさすが小池さん。
ビデオメッセージで登場しました。
f0279566_18170731.jpg

TVで観ていても感じますが、お話しが上手な方ですね。
実は長男も同じ大学で、長男の入学式には石原元知事、娘の入学式には猪瀬元知事の挨拶を聞きました。
長男の卒業式にも出席していれば舛添元知事で、何かと話題を提供してきた都知事シリーズを完結できたのに、残念です😅

4年前の入学式後の不安そうな顔をした娘は、もうどこにもいません。
すっかり都会の生活に馴染んですっかり大人っぽくなった娘が眩しく誇らしく、そして淋しさも感じます。

昨日の暖かさとは打って変わって、今日は冬に逆戻りでしたね。
でも東京では桜の開花が確認されたとか。

嬉しさ淋しさが交錯する心は、見え隠れする春のようですねぇ…




f0279566_11074502.jpg


















[PR]
by makemeup_451248 | 2017-03-21 16:12 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(2)

春の気配

昨日は、娘が家を出てからもう3度目の雛祭り。
たまには出してあげようと、2月中旬に主人が7段飾りを飾りつけました。

早起きの主人、娘が行き遅れては大変と今日の朝食前にさっさと片付けてしまいました😓
頭が古い世代なんですね〜。

今年のお雛様の写真は撮り忘れました。
なので昨年の3月3日にアップしたお写真で。
f0279566_10362780.jpg
昨年はお内裏様だけが外の空気を吸えたのでした。
滅多に箱から出られない三人官女や五人囃子。
もう少し春を味あわせてあげたかったなぁ。

今年の春は駆け足でやってくる予感がします。

2月初旬にはクリスマスローズ、中旬過ぎには匂いスミレが咲き出しています。

f0279566_10433400.jpg

そして、これは何⁉︎
f0279566_10455214.jpg
見たところ福寿草のよう。
突然に植えた覚えのない福寿草が咲くなんて、いいことあるかしら✨💓

今朝は花桃がひと枝、今にも咲きそうなほど桃色に膨らんでいました。

春の気配を見つけるごとに心がうきうき💓
これが春の醍醐味ですね。

今日はこれから水戸の梅祭りへ行ってきます。
梅もすでに8割りがた咲いているとか…。

梅祭りは3月下旬までですが、その頃には花がなくなってしまうかもしれませんね。

お天気も良好。
行ってきます‼︎



f0279566_11074502.jpg




[PR]
by makemeup_451248 | 2017-03-04 10:27 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(0)

冬の海



f0279566_16323275.jpg
冷たい風が吹く冬枯れの向こうに見える海。

この真後ろには真っ白な灯台。
f0279566_16340623.jpg
夏の青い空に映える白は、冬のちょっと暗い空にも清々しく立ち映えています。

少し離れて…
灯台の遠景

f0279566_16470293.jpg
お昼前の明るい時間なのに、逆光も手伝って少し寂しそう。

真冬の海水浴場も、やはり寂しげ。

f0279566_16493018.jpg

今日はお天気が良いのに波が高く、波しぶきが霧のようになって降りそそいできました。



f0279566_16313663.jpg

人影まばらな海沿いの道を行くと、海を独り占めしているようでなんとなく嬉しい。


f0279566_16292336.jpg
砕けた白い波の美しさに目を奪われました。


今日は海沿いを約7kmジョギング。
気持ちの良い冬のひと時でした。



f0279566_15365817.jpg








[PR]
by makemeup_451248 | 2017-01-22 16:28 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(2)
遅ればせのご挨拶になってしまいました。

f0279566_15232040.jpg

今年もほそぼそとお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます🙇‍♀️🎍


今日から出勤の主人に合わせるように、最後に残った娘も先ほど帰京したのでやっと平日モードに戻りました。

12月は1/3を東京で過ごすことになってしまい、家の大掃除も殆どせずに新年を迎えてしまいました。
一年をゆっくり振り返る余裕も無い年の瀬を過ごすと、延長軸にある新年はあらたまった雰囲気を持てなくなるものなのだという理解に始まった新年です。トホホ…😞

とは言っても2017年は始まったばかりですものね。
気を取り直して、騒ぐ酉に負けないように元気に過ごしていきたいと思います。

皆様にとりましても穏やかで実り多き年となりますよう、願っております。


f0279566_15365817.jpg






[PR]
by makemeup_451248 | 2017-01-05 15:22 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(2)

母の気持ち

『母の時代は思うより短く、悩むより愛しい』

今朝の朝刊を開いたとき目に入ってきたフレーズです。

40代の子育て世代向けの雑誌「VERY」のキャッチコピーでした。

子育てはすでに卒業したmammysですから、よけいに、そうそう!そうだよね!と相槌を打ちました。

「子育ては楽しい、そしてときに辛い。
24時間の束縛に耐えられなくなる瞬間。
子供の我が儘が、度を超えるとき。
つい周りのお友達と比較してしまうとき。
自分自身の弱さが子供を通して見えてしまうとき。
仕事との両立に疲れ、時間のなさを、嘆くとき。
自分ひとり頑張っていると感じるとき。

でも、想像してみて。
あなたはいつか、この日々を懐かしく思う。
こんなに必要とされ、人から愛されるときがあるだろうか。
母の時代は想像力に満ちている。
…」

f0279566_12203321.jpeg
こんな時もありました

可笑しくて可笑しくて、笑いすぎたこと。
どうしていいかわからなくてオロオロしたこと。
ヒステリックに怒りをぶつけたこと。
あんなこと、こんなこと。

それぞれ高校を卒業するまで、上と下との差は5歳ですからつごう23年。
過ぎてみればあっという間でした。

こうして思い返していると、思い出とともに苦い思いがこみ上げてくるものがあります。
その正体は、自分がしてきた子育てに対する後悔と、子供達に対する申し訳なさだと、ずっと思っていました。
思い出すたびに、ごめんね、ごめんねと呟いてきました。

でも、もう一つ。今朝、気づきました。
「自分自身の弱さが子供を通して見えてしまった」ことへの焦りなのだと。

その時に気づいていれば、もっと素敵な子育てができたのに…ねぇ。

ことが済んでから気づくことは、その前にわかっているべきことなのでしょうね。
でも、やってみないとわからない。
だから、それはその人にとって必要な経験だということなのでしょうね。

人生に無駄な経験など無い、と言われたことがありますが、まさにその通りです。
ただ、その経験を通して何を感じて何に気づくか。
そこが無駄になるかどうかの別れめなのでしょうね。

と、気づいたところで、さて、その気づきをこれから生かしていけるか…そこが問題ですね。

なんでも気持ちよく忘れることができるのが、年を取ってからの特技になりましたからねぇ^^;

あんなに幼かった子供達も、今はこんなになりました。
f0279566_13020781.jpeg

それぞれに離れて暮らし、毎日どう暮らしているのか見えませんが、それぞれに喜怒哀楽を味わいいろんな気づきに満ちて健康な日々を過ごしていることを祈るばかりです。

f0279566_13074937.jpeg
そしていつか、自分だけの花を開かせますように…。



9月になりましたね。
日が短くなっているのを、日に日に感じています。
虫の声も賑やかになりました。

あちらこちらで大雨による被害が続いていますね。お見舞い申し上げます。

日照り、渇水、大雨。今年は目まぐるしいなつでした。

あ、まだまだ暑い日は続きそうですね。
どうぞご自愛なさってくださいね。


f0279566_13125847.jpeg





[PR]
by makemeup_451248 | 2016-09-07 11:40 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(4)

母の日に、亡き母の夢

近しい身内が集まって(誰なのかははっきりしないけれと、何となく近しい人達のよう)いる中、突然に母の体調が悪くなり場面はいきなり病院へ。

あっという間に息をひきとる母…

何もできなかった、してあげられなかったと胸の中で叫ぶ私。

と、ここで目覚めました。

昨日の朝の目覚めの夢は、母の死でした。


最近、子供達の事で物想いにふけることがしばしば。そこに「子離れ」「老い」「生と死」などが絡み合ったりほぐれたりしていました。

そこに「何もできなかった、してあげられなかった」という夢。

「何もできなかった、してあげられなかった」という気持ちを4年前に母が亡くなってからずっと抱えていたとはいえ、今更何を語ろうというのだろう…と、ベッドの中で考えました。

私は寝覚めが良い方ですが、それにしても驚くほどスルスルと何かが解けていくように結論に辿り着きました。

わずか数分の間に、
母の死➡︎後悔➡︎どんなにしても後悔は残る➡︎子供達の人生と自分の人生の重なり➡︎愛する人達との別れ➡︎いつか来る主人との永遠の別れ…

のような思考が巡りました。

そしてたどり着いたのは、いずれやって来るいろいろな別れに対してできることは「今の生活を大切に、目の前のできることをする」という、至極当たり前過ぎる結論でした。

今の私の生活は主人と2人だけですから、当然主人を、主人との時間を大切にするということも含まれます。

あは、主人をないがしろにしていたってことかしら⁉️😅

子離れしきれない私への母(天?)からのメッセージなのかもしれません。




この結論は、ずっと前から頭の中には存在していましたし子供達にも伝えてきたことでしたが、昨日の朝ほど心の中にストンと落ちてきたことはありませんでした。

ストンと落ちて来る…そんな経験が皆さまにもありますか?
私の場合、とき突然に短時間の思考の中でやってきます。


しかし‼️何しろアバウトな私…
日々の雑事に紛れて大切なものを見落としてしまうでしょう。
どこかに「母の日の夢」というキーワードを残しておかなければなりませんね。


離れて暮らす子供達からは母の日の「は」の字もない寂しい日でしたが(毎年のことなので気にもなりませんが、世間でのクローズアップ度はかなりのものなので、ギャップは気になります)、なぜかすっきり過ごせた1日でした😊


GW終わりましたね。

皆さまはどんな楽しい休日を過ごされましたか?



f0279566_12284507.jpeg









[PR]
by makemeup_451248 | 2016-05-09 11:27 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(2)
昨年末に受けた人間ドッグで、胃の中にピロリ菌がいることが判明!

除菌をする前段階として胃の状態を確認するために本日内視鏡検査をしてきました〜😔

人生4度目の胃部内視鏡検査。

1度目は10年以上前になるてましょうか。
ある日突然、何かが喉に詰まっているようで飲み込みづらくなり、受診の結果内視鏡検査をすることに…

この時はただ単に甘く見ていただけなのですが、「麻酔をかけますか?」とのお医者様の問いかけに、「大丈夫です!」と返事してしまった私。
検査が始まって速攻で後悔しましたよ😭

この時の診断は「静脈瘤」(血管にできたコブ)でした。
この静脈瘤、肝臓に異常がなければ放置して大丈夫なんだそうです。

その次は、数年前の人間ドッグの胃カメラ検査で引っかかり、再び内視鏡検査をすることに。
その時に検診センターからの連絡は「胃と食道の間に何かがあります。できるだけ早く検査を受けて下さい!」

すっかり落ち込んで、連絡の翌々日には検査を受けました。
この時は抜かりなく麻酔をかけてもらおうと思っていたのに、検診センターのある病院では「うちは麻酔はかけません」😱😱😱😱😱

仕方なく、涙流しながらオエオエと戦いました😭
この時の診断も静脈瘤‼︎
なぁんだ〜〜苦しい思いをして損した気分でしたが、大事に至らなくてホッとしました。

3度目は2年前の暮れの人間ドッグ後、なぜか胃が痛みだし…年明けに内視鏡検査をすることに。
この時は、あまり深く考えず近くの胃腸科医院へ行ったのですが、麻酔を希望すると、
「うちは麻酔はかけません。大丈夫、痛くないようにしますから‼️」😱😱😱😱😱😱😱😱😱
と、自信満々のお医者様。

そう言えばこのお医者様、↑の病院出身者でした😓

取り敢えずその言葉を信じて内視鏡検査を受けてみると…
はい、トンデモありません😱💦😱💦😱💦

自信に満ち溢れた言葉が、頭の中で砕け散りましたよ😭

もう完全に内視鏡検査アレルギーです😞

この時は潰瘍ができていると言われ、お薬を処方されたのですが、2ヶ月後にまた内視鏡検査をすると言われ…
通院をやめてしまいました😅

それから時は経ち、昨年の人間ドッグのオプションで受けたピロリ菌検査で再び内視鏡検査が急浮上‼︎😱

今回は麻酔を使用する病院を探しました。

理由はわからないけれど、麻酔下内視鏡検査を行う病院は、mammys地域には意外に少ないのです。

でも、麻酔を使うと車の運転に支障が出るというデメリットもあるのですね。
田舎は車を使わないと、15分で行けるところも1時間以上かかってしまうので考えものです。

選んだ病院は、麻酔もあり、鼻から挿入の内視鏡もあり✨で、(オエオエの)反応が強いならば鼻からやりましょう!という判断になりました。

鼻からの方がラクだよーと友人からは聞いていましたが、どの程度かやってみないことにはわかりませんよね。

本日9:00の予約で鼻から入れてきました。

比較的新しい病院なので、モニターも見やすく設置されていて、先生の解説もわかりやすかったのは良かったです😊

で、肝心のオエオエですが、…
スルスルと鼻から喉へカメラが滑り込み、喉を通過する時に違和感とともに少しググッときましたが、驚くほど簡単に胃の中へ滑り込んで行きました〜〜😳✨

前の検査の時は、内視鏡が引っかかって辛かった😓

検査前に鼻や喉の感覚を麻痺させる薬を使うのは同じで、麻痺した状態は気持ちのいいものではないのですが、以前に受けた検査と比べると月とスッポン‼️

内視鏡アレルギーが少しは無くなったように思います。
ま、できればやらずに済ませたいところですが😓
ちなみに、前出の静脈瘤は本日も健在でした。

というわけで、めでたくピロリ菌除菌薬を処方されて意気揚々と帰宅致しました。

緊張して病院へ行きましたが、予約のため時間もかからず、検査を入れて1時間ほどで解放されました。
案ずるより産むが安し!

皆さま、病院はしっかり選びましょうね〜〜😊



f0279566_23100451.jpeg










[PR]
by makemeup_451248 | 2016-03-15 14:15 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(2)

5回目の鎮魂の日

3月11日がまたやってきます。

静かに想いを馳せます。

f0279566_22491889.jpeg
家々に迫る津波…日立市報より












[PR]
by makemeup_451248 | 2016-03-10 22:40 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(0)

お雛様

2月はあっという間に逃げて行ってしまいました。

今日はひな祭りに合わせたように春の陽射しが眩しいですね。

2週間ほど前に、我が家でもお雛様を飾りました。
なんと4年ぶり?

娘のために購入したお雛様は七段飾り。
それも組み立てると、お内裏様の顔は私の顔より高い位置になります。

娘が生まれた当時は社宅住まいだったので、そんな大きなモノは要らないと主張したのですが、主人と私の両親は娘の健やかな成長を願って?決めてしまいました。

そのおかげかどうか、確かに娘は大きく成長しましたが(笑)

でもその図体の大きさのお蔭で、時が流れるにつれて出し入れが億劫になってくるものです。
ねぇ、だから言わんこっちゃない(−_−#)

毎年お内裏様とお雛様だけでも出そうと思いつつ実行しそびれていましたが、今年はやっと外の空気を吸わせてあげました。

f0279566_11575480.jpeg

いつもはイヤープレートを置いているサイドボードの上に2人を並べました。

娘が生まれた頃は、この様な優しい色合いのお着物が流行りだったのです。

並べ方は関東雛。

関西雛との違いはお内裏様の並び方だけかと思っていましたが、実際にはお顔立ちも違うのですね。
関東雛は現代的な端正なお顔。
関西雛は平安時代を思わせる切れ長の目をした雅なお顔のようです。

関東雛の並び方は昭和天皇のご成婚の並び方に倣ったもので、それまでは関西雛の並び方が一般的だったそうです。
トリビア!でした〜^o^

もひとつ、私にはトリビアだったのが「雛あられ」でした。

皆さんが親しんでこられた「雛あられ」は、米粒に砂糖がけしたものでしたか?或いは、おせんべいのあられでしたか?

あられの方は主に関西方面で、白やピンクのものは関東方面で食べられているそうです。
知りませんでした〜(O_o)

小さい頃によく食べていたのは「あられ」の方だったように記憶しています。いつの頃からかあの白やピンクの甘いものがお店に並ぶようになったような気がするのですがね。
もちろん、私は関東生まれの関東育ちです。

好みから言うと、お米の砂糖がけです。
だって、あられはいつも食べているので特別感がないし、あの白やピンクのフンワリ感がお雛様にぴったりだと思いませんか?

f0279566_12341180.jpeg
こちらは以前にもアップした陶製のお雛様。
昔、絵付けを習っていた頃に描いて焼き付けたものです。
1つが10四方に収まる小さなお雛様。
お道具は木目込み人形用のものを揃えましたので、大きさがいまいち合わないところはご愛嬌。

人形は顔が命…人の顔を描くのは、それは難しかったです。
どんな表情にするかイメージして描くのですが、筆は思うように動いてくれません。

職人さんの筆さばきは、努力と精進のの賜物なのだと思い知りました。


さてさて、せっかく飾ったお雛様を部屋に残し、ただ今東京へ向かうバスの中。
就職を控えた長男の引越しのために、東京へ向かっています。

いつまでも飾っておくと行き遅れる…なんて信じているわけではありませんが、ちょっとは気になります。

娘の部屋は長男の1つ隣りで、今夜は娘の部屋に泊まります。(長男の部屋は汚いので、とてもじゃないけど寝る気にならない…>_<)

娘と一緒のひな祭りは、久しぶりです(^_^)

皆さまも素敵な春の1日をお過ごしくださいませ…











[PR]
by makemeup_451248 | 2016-03-03 11:40 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(2)
1月21日の朝日新聞に、「私の折々のことばコンテスト」とやらの記事が掲載されました。

中高生対象に呼びかけ、16,323応募作品があったそうです。

********************
『百歳は百歳。わたしはわたし』
「おばあちゃん、この人百歳だって」
96歳のおばあちゃんに何気なく言ってしまった言葉。テレビでは百歳のおばあちゃんが元気に肉をもりもり食べて、シャキシャキ歩いている。それを見て咄嗟に出てしまった言葉。
あっマズイ。おばあちゃん、傷つけちゃったなあ。
そんな時、おばあちゃんはこの言葉を返してきた。それもかなり強い口調で。私は胸をぐっとつかれた。
おばあちゃんは、自分が寝たきりで、もう動けないことをちゃんと受け入れて生きている。そして、「わたしゃ口の達者さは百歳に負けておらんよ。」とニカッと笑って見せてくれた。
********************

最優秀賞のさいたま市に住む中学1年女の子の作品です。

怒るでなく卑屈でなく、何事のこともないように返したおばあちゃん。あっぱれ!

そんなおばあちゃんと接する中で育まれたに違いない、作者の優しく繊細な心。
きっと、お父さん・お母さんも素敵な方でしょう。

毎日のあれこれに埋もれてしまいそうな会話を、彼女を形作る素材の一つに昇華させた彼女の心持ちが素敵だなぁ…と思いました。

日々、こんな心持ちで過ごせたら、見た目はおばちゃんでも瑞々しい人でいられるかしら…?
などと、つらつら考えています。

ほっと心暖まる言葉をありがとう♡

で入選作品を読むことができます(^^)

ちなみに、応募作品には有名人の言葉が多かったそうです。
そして中でも、ナント松岡修造さんの言葉がダントツの1位‼︎だそうです。

日めくりカレンダーの「毎日修造!」がすごく売れていると聞いてはいましたが、あのアッチッチーの修造さんが、クールな現代っ子に受け入れられているという事実。

おばちゃんはちょっと嬉しいな〜♪
(「毎日修造!」は、スポ根もので育った私と同世代に受けているのかと思ってました(^◇^;)

f0279566_14122718.jpeg



暖冬と思っていたら突然の強烈寒気。
いよいよ冬将軍のお出ましと思えば、ポカポカ陽気。

なのに今日は、みぞれが窓を打つ音が続いています。

体調管理が難しいですね〜(~_~;)
「毎日修造!」をめくって、元気をもらおうかしらねぇ。

f0279566_11063055.jpeg






[PR]
by makemeup_451248 | 2016-01-29 12:55 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(6)