日々のこと、手仕事のこと、食べること・・・小さな喜びを見つけたい

by mammy's treasure

<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

IL DIVO

今日は朝からメロメロ~♪

昨日はIL DIVOの武道館公演初日。はい、行ってまいりました♪
f0279566_13422923.jpg

   昨日買ったパンフレットとハンカチです。
   ハンカチは、昨日一緒に行くのを楽しみにしていたのに、やむなく行けなかったKちゃんへのお土産。

コンサート始まる直前の高揚感が何とも言えず好きだけれど、オトナイケメンが4人も揃って出てくるとなると、そりゃもうワクワクなんてものじゃぁない。
そこに歌唱の魔力が加わるのだから、もうたまりません。
3人のテノールの中に響くバリトン・・・空間が広がっていくような錯覚を覚えます♡
それだけならIl Divoでなくてもクラシック歌手なら誰でも良さそうだけれど・・・やはりイケメン度も重要ですからね^^;

会場内はざっと見渡したところ、熟年層ばかり。もちろん私もその一人^^;

キャ~ッ!なんていう黄色い声は上がらず、熱い拍手と唸り声のようなため息のような声と口笛が声援。
オトナが集まるステージはやはり落ち着きが肝心ですね。
でもね、舞台両サイドに掲げられたモニター画面に映し出されたアリーナ席前列付近のお姉様方には驚きました~ジャニーズファンばりに、キラキラモールを飾り付けたメンバーの顔写真を掲げてる~◎◎
こういうのって、アイドルに夢中な若い子達だけかと思っていました^^;きっと追っかけするほどのファンなのでしょうね。

ツアータイトルはA MUSICAL AFFAIRだけれど、「花は咲く」「ふるさと」も歌ってくれて、特に「花は咲く」は震災から丸3年を迎える直前の心には響きました。

19:00からの公演で、家にたどり着いたのは0:00過ぎ。
興奮冷めやらず、今日は寝不足です。
買ってきたパンフレットをダイニングテーブルに出しておいて、気がつくと手にとってニヤついてるおばちゃんが一人・・・かなりアヤシイかも^^;
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-02-27 14:20 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

友の置き土産

先週後半は毎日のようにお出かけ。出不精の私にはなかなかハードな日々でした。

その中の一日はプチ・クラス会へ。

毎年この時期には、中学校時代の友人と会います。
6年前までは4人で会っていましたが、5年前からは3人になってしまいました。
そう、5年前の2月。突然届いた訃報。

その1年前に会った時はとても元気そうだったのに・・・でも、その時すでに以前に患った病気が再発して治療を始めていたとお葬式の後で知りました。

それからは毎年、お墓参りを兼ねてお互いの無事を確認しようと1月か2月に集まっています。
一人は神奈川、一人は水戸に住んでいます。
亡くなった友は水戸に眠っていますので、毎年水戸に集合です。

「お互いの無事を確認するため」なんて、私たちもそんな年になったのか・・・とちょっと驚き、ちょっと残念。
でも、集まれば誰だって花(?・・・だったかなぁ・・・)の中学生に逆戻り。
周りから見たら、ただのおばちゃん達のから騒ぎにしか見えないだろうなぁーー;

今年はspecial guest として、亡くなった友人がとてもなついていた当時の保健室の先生に来ていただきました。

私たちもとても可愛がってもらい、先生のお宅へ遊びに行ったり、体育の先生家族や英語を担当されていたアメリカ人先生ご夫婦などと一緒に偕楽園へ観梅に出かけたこともありました。
あの頃(って、いつ頃ごろでしょう?^^;)は大らかな時代でした。
そんな風に先生方とプライベートでお出かけしたり、先生のお宅へ遊びに行ったりしても特に問題視されることもありませんでしたね~ナツカシイ^^

私たち4人、進学・就職・結婚と、それぞれの道がありずっと身近な仲良しだったわけではありませんが、彼女の取り計らいで旧交を温めることができています。おまけに懐かしい先生とも愉しい時間を持つことができました。

人とのご縁とは、本当に不思議なものです。

亡くなった友は、末っ子をけっこう年がいってから産みました。
今、中2になったその子は、友のお母さんの慰めになっています。何しろお母さんは(その子から見ればおばあちゃんですね)、ご主人と愛娘二人を相次いで亡くしてしまったのですから。

友は大きなお寺さんに嫁いでいましたので、当然そのお寺へお線香をあげに行きます。一人残されてしまった友のお母さんは今、お寺さんで孫たちと一緒に暮らしていますので、お寺へ行けばお母さんにお会いすることもできるのです。

中学時代、何度か泊まりに行った時にニコニコと食事を作ってくれたお母さんが、ずいぶん元気になっていたことは本当に嬉しいことでした。

私たちのプチ・クラス会も、最後に残した孫も、友の置き土産ですね。
人生に無駄なことはないという言葉が想い起こされます。


おまけ・・・
この時会った水戸の友人からもらったクッキー。
f0279566_161637100.jpg


水戸で人気のルブランというケーキ屋さんのクッキーです。
酒粕クッキーが、ちょっと塩気があってカリカリの米粒?が入っていて気に入りました~♪

ごちそうさんでした!
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-02-24 16:22 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

お雛様

2週続きの大雪で、いまだに影響が続いている様子ですね。

私の住む町は東京よりかなり北ですが、金曜日は途中から雨に変わったため雪害は出ませんでした。が、台風のような雨と風。怖かったです。

あちらこちらから聞こえてくる異常気象。地球の悲鳴のように聞こえます。

工学系に進む予定の次男には「二酸化炭素を吸収できるようなシステムを開発してよ~!」と頼んでいますが、まぁ無理でしょうーー;
あ、長男も工学系に席を置いてますが、こっちは完全に無理ですね;;


今日は久しぶりに太陽の日差しが暖かい日になりました。
2月も半ば、あちらこちらでひな祭りの話題が出てきています。

最近は町おこしの一環として、古民家を利用しての古いお雛様やつるし雛の展示が盛んなようです。
つるし雛はかわいいですね。
一つ一つに込められた娘の成長への願いが感じられて、ほっこりします。

我が家のお雛様。かなり大きな7段飾り。正直、もてあましています。(娘よ、ごめんね^^;)
当時は社宅住まいだったので、「大きなのはいらない!」と主張した私の意見は通らず「やっぱり大きいほうが幸せになれそうだ!」という主人の願いとじじばばに負けて7段に。

でもねぇ、結局でかさがアダになって普段の生活スペースには置けず、飾っても人の目につかない部屋に置くしかない・・・だんだんお目見えしないお雛様になってしまいましたよ(´;ω;`)
だから言ったじゃないの~!!(私が頑張って出して仕舞えばいいのだけれど・・・^^;)

でも、毎年飾るお雛様があるんです。
f0279566_15135251.jpg


こちらは大きさが約7×8cmほどの陶製。
10年ほど前にチャイナ・ペイントを習っていたことがあり、その時に絵付けしたものです。
技術的にはお恥ずかしいものですが、自分で描いたので愛着があります。
お道具は、木目込み人形用の小さなものを見つけました。

世界の有名ブランドの食器の値段が張る理由が、習ってみてわかりました。
あの美しい絵柄は、ほんの少しの訓練で描けるようになる代物でなく、長い年月をかけた熟練の技の賜物なのですよ。
結局、2年ほどで辞めてしまったので、熟練工になることはできませんでした^^;憧れだけが残っています。

そういえば、こんなものも・・・
f0279566_1535296.jpg


十数年前に描いたこれは、名づけて「あさきゆめみし」・・・そう、かの有名なタイトルそのまんまです^^;
王朝絵巻をイメージして、「あさきゆめみし」の絵を参考に描きました。でもねぇ・・・背景が大失敗!完成度をガクンと下げてしまいました。いろいろな失敗を繰り返しているにも拘らず成長しない私です(´・ω・`)ガッカリ…

この着物の柄くらい細やかな柄を、陶のお雛様に描きこみたかったのですが、私の技量では不可能でした。

娘もまだ幼く、いろいろな想いをこめて描いたつもりでしたが・・・この完成度が現実のものとならないように願うばかりです^^;

願いを込めたひな祭り。
今年は離れて暮らす娘を思いながら過ごします。
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-02-17 15:19 | 手仕事 | Trackback | Comments(4)

豚汁の思い出

皆さんは、よそのお宅がどんな食事をしているか気になりませんか?

ブログで拝見しているとと素敵な食卓を演出して、とても美味しそうな食事をされているお宅が多いことに驚きます。

我が家は・・・まぁ、自分が一番わかっていることだけれど、自慢できる範疇にないことは明確です^^;

昔、長男がまだ幼児教室に通っている頃。
豚汁を作って食べるイベントがありました。
学校のPTA主催などは役員さんが材料を調達・調理することがほとんどなので、せいぜい刻む野菜の多さに驚くくらいです。

幼児教室では、全員がそれぞれに各自分の材料を家で刻んで持ち寄ることになっていました。

いざ集めてみると・・・これが面白いヽ(*´∀`)ノ

豚肉(さすがに塊をもって来る人はゼロ)、大根、人参、ごぼう・・・これは基本なんですね^^

こんにゃく、いとこん・・・我が家はこんにゃく派。でも、いとこん、入れるんだ~!?

長ネギ、玉ねぎ・・・我が家はネギは薬味にします。玉ねぎは使ったことありません。

油揚げ、刻んだ厚揚げ・・・うちはもちろん油揚げ!厚揚げは考えたことなかったわぁ!

じゃが芋、里芋、さつま芋・・・おぉ~イモのオンパレード!!
                  主人は里芋だろ!と言いますが、私はさつま芋が好き♡

さらに、汁はお醤油派・お味噌派・半々派と、ここでも好みが分かれて。この時はお味噌で統一したような気がします。

・・・と、家庭によって中身に少しずつ違いがあり、発見のある楽しい豚汁会となりました。

家庭料理というのは、それぞれの好みと育った家庭の食習慣を調和させて新しく出来上がるものなんだなぁ・・・とつくづく感じた出来事でした。

そう言えば、職場が一緒だったMちゃんのお母さんが作るポテトサラダは、ポタリポタリと落ちるほどマヨネーズがたっぷり入って(とてもじゃないけど、お箸ですくえなかった!!)いたっけ・・・。

そんな懐かしい思い出に浸りながら、昨夜は生姜をたっぷり入れた豚汁を作りました。

f0279566_14503661.jpg


味噌味にさつま芋です♪

きっと娘も、味噌味にさつま芋の豚汁を作るようになるんだろうなぁ・・・^^


今日の雪だるま。
一体は撃沈(;_;)もう一体はE.Tから「ムンクの叫び」に変わっていました。哀しそう・・・
f0279566_1575869.jpg

[PR]
by makemeup_451248 | 2014-02-12 15:02 | | Trackback | Comments(2)

気候の穏やかな海沿いの街なので、内陸部に比べたら冷え込みも強くないこの土地。年に2~3度は雪が積もることもあるので、ある程度の覚悟はできています。

それでも土曜日に降った雪には驚きました(゚д゚)!
東京では38cmとか。
子供は大喜びでしょうけれど、いろんな事情を抱える大人は喜んでばかりもいられないですね^^;

我が家のすぐ下(何しろ海抜約100mの高台ですから)には消防署の分署がありますが、土曜から昨日までの救急車出動回数の多いこと。
こんな時は、不急不要の外出は避けるが肝心ですね。

我が家の庭も真っ白に。可哀想な花桃が、雪の重みに耐えかねて幹から避けて一部が倒れてしまいました。
せっかく沢山の蕾をつけていたのに残念です。

雪なのに、はしゃぐ人のいない家はちょっと寂しいなぁ・・・と、おばちゃん一人で雪だるまを作りました。
f0279566_13112448.jpg


一体では、まるで私の心象風景なので、ちょっとでもホンワカできるようにもう一つ追加。
奥に見えるのは、倒れかかった花桃の枝。
目鼻にするものが見当たらなかったので、落ちていた枯れ枝を使ってみたら、なんだか平安時代のお顔みたいね。

一人で雪だるまを作っている私に気づいた次男。
「俺が子供だったらねぇ、雪合戦でもしてはしゃぎまくるんだけどな~」って・・・
「え~、キミは大人だったのかい?!!」
「え~・・・まぁねぇ・・・」
半分大人、半分子供だよねぇ^^

家の前の道路にも15cmほどの積雪でした。
凍りつく前にと、玄関から道路を除雪しましたが、慣れない雪かきはなかなかの重労働ですね。

ふと見ると、近所に80歳を超えてご夫婦二人暮らしのご主人が外に出てました。
雪の様子を見ていたようでしたが、声をかけてその方の玄関前を見ると細い道を作ってあるだけ。
お年を召しての力仕事はままならないだろうし、すべって転んだらそれこそ大変。
そのお家も、ついでに雪かきをしました。

昨日は、所用で徒歩で出かけようと外に出ると、近所のカーブ&勾配のある道でおばさまが一人で雪かき。
朝、近所の車がここで動けなくなって、毛布を引っ張り出して大変だったとか。ガリガリに凍った雪を一生懸命かき取っているではありませんか・・・約束があったので、ごめんなさい・・・と出かけ、約2時間後戻ってみれば、まだガリガリやってます◎◎;たぶん70歳くらいだと思うけど、なんて体力・気力!
その後、一緒にガリガリやりました。

情けは人のためならず、結局夕方には私も車で出かけなければならなくなったので、安心して車を出すことができました^^
おばさま、ありがとう♡

そのおばさまが、「雪には強いパワーがあるからね。たまに雪を見ると力が湧いてくるんだよ~」と。
太陽の光を反射して眩しいほどの明るさには、力を感じますね。

でも、雪国の苦労はたいへんでしょうね。30cmの雪で大騒ぎしている場合じゃありませんね(-_-;)

今日も雪が舞い始めました。
もうしばらくは冬の生活・・・楽しむしかないですねーー;


二日経った今日の雪だるまちゃん。
f0279566_1316325.jpg

宇宙の果てからやってきたE.Tみたい~^^(あ、年がバレそう~^^;)
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-02-11 13:51 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(2)

お誂え

昨日の暖かさから急転直下。寒いっ{{ (>_<) }}!

お昼前からみぞれから雪が舞い始めました。

これから春が近づいてくるという境目の日の寒さ・・・冬将軍の悪あがきであって欲しいものです。

先日、お友達Kさんの従姉妹さんから娘さんへのお誕生日プレゼントにと、ロングネックレスのご注文を頂きました。

注文の形はいろいろありますが、一番ラクなのは、例えば私が着用しているものと同じものを、という形。
ベースが決まっていて色やサイズの変更も楽チンです。

漠然とした「こんな感じ」という注文もあるのですが、それでも私が直接知っている方ならば洋服の好みや体型もわかるのでまだマシ。

私がお会いしたことのない方への贈り物、というのが一番大変です。

基本的な情報はいただくものの、結局は想像の範囲を超えることはできないですから、人物像のイメージを間違えるとお門違いなものを作る羽目になってしまいます。

今回もまさにそれ。

32歳、独身、身長約165cm、黒・緑・赤のカジュアル系を好む、カフェが仕事場。
形は2連のロングネックレス。

これだけの情報と、幸いその従姉妹さんにはお会いしたことがあるのでその雰囲気を鑑みて・・・

考えがまとまるまで、これという目当てもなく試作を作り・・・
f0279566_13373632.jpg


ほとんどボツ。でも、なんだかハマってしまったりするのよね~^^

結局、無難にまとめて・・・
f0279566_13393554.jpg


こうなりました。
黒と光りすぎないゴールド系をベースに、キューブとオニキスのラウンドを合わせました。

技術的にはそう難しいものではありません。ただただ、お客様のイメージに添えるかどうか・・・これだけが大きな問題です。
ただ、物を作ることの「大変さ」=「面白さ」であることも間違いないこと(なぁんて、エラそうに言える程のことはしていないのだけれど・・・ーー;)。

アクセサリーというものの性質上、好みや感性に寄り添えるように想像力を働かせること。これが作る楽しみを大きくしてくれていることは間違いありません。
大変だった分、気に入って頂けた時の喜びはひとしおです^^♪

でも、いつも気になっていること・・・「オマカセ」で受け入れられなかったことは一度もないのですが、それで本当にいいの~?という疑問が常につきまといます。
・・・なんて小心者、なんて自信のなさ・・・もっと自信を持たなければ、お金を支払う方に失礼じゃないですか!!

それでも時々ほっとできることがあります。
それは私の作品を身につけてくれている時。そして、何年も経って、修理に戻ってきた時。

そんな時、ほんのちょっとだけ自信を取り戻せるし、とってもとっても嬉しいです^^
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-02-04 14:06 | ビーズビジュウ | Trackback | Comments(2)