日々のこと、手仕事のこと、食べること・・・小さな喜びを見つけたい

by mammy's treasure

<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

春色リース

春は出会いと別れの季節。

異動する職場の同僚へのプレゼントにと、友人Rちゃんからの依頼でリース・ブローチを作りました。

春のリース・・・いろんなお花や色があるけれど、ちょっと華やかでちょっと可愛らしくて普段にちょっとつけられるといいかなぁ・・・

f0279566_1551589.jpg


なんて考えているうちに、こんなブローチになりました。

滅多に使うことのないスワロフスキーのパパラチアというお色をアクセントに、スモーキーな色も織り交ぜながら春の喜びと憂いを表現したかったんだけどなぁ・・・ーー;

「表現する」って、本当に難しいですね。
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-03-31 21:00 | ビーズビジュウ | Trackback | Comments(4)

サクラ・サク

昨日の雨に誘われたのか、近くの公園のサクラが咲きました。

f0279566_14445699.jpg


やっぱり春はサクラが咲かなくては始まりませんよね。

家の窓から眺めていると、遠くに見えるサクラの木も何となく色づき始めているのがわかります。
来週にはサクラ色に染まるでしょう。

庭の花桃が満開になりました。

f0279566_14525530.jpg


やはり、風情という点では梅やサクラにはかないませんが、モコモコとついた桃色の花は女の子を連想させませんか?サクラはオトナの女性。じゃぁ梅は?・・・なんだかねぇ、梅干・・・言わぬが花でしょうかね・・・^^;

去年も花桃とサクラが一緒に咲いたように思います。そんなことが増えているように感じます。
いつもと変わらぬ春に見えて、確実に何かが変わりかけている印なのかもしれませんね。

先日、園芸店で可愛らしいスミレを見つけて連れ帰りました。

f0279566_1523285.jpg

トリアシスミレ・・・名前はちょっとね^^;ですが、濃い目の色合いと宿根草という点が気にいりました♪ラヴェンダー色もステキです♪
葉っぱが鳥の足のような形なのでこの名前が付いたようです。

これから暫くは季節ガーデナーとなるワタシ^^
園芸店も彩り鮮やかになり、楽しい季節の到来です~♪
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-03-31 15:10 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

ビーズ・コレクション

フリマで購入したガラスケース。
高さ約20cm、幅約13cm、奥行約9cm。2段の仕切り棚。

ちょうどビーズを並べておきたいと思っていたので、ちょうど良いではありませんか(*´∀`*)

デミタスカップと並べてみてもこの程度。ね、小さいでしょう?

f0279566_14373521.jpg


ビーズをセレクトして入れてみましたが・・・右側、ボケてしまいましたねーー;

上段には、ちょっとずつ(お高いので、とてもじゃないけど大人買いはできません^^;)買い溜めているサフィレット、ヴェネチアングラスのお花ビーズ、ミリアム・ハスケルのパーツをセレクト。
奥に鎮座しているのは、香水バラヴェルサイユ。もう、25年ほど前に頂いたものなので変色していますが、雰囲気作りの小物として気に入っています。
f0279566_1448974.jpg


中段はヴィンテージのスワロフスキー・コレクション。
f0279566_14473550.jpg

右側のクリスマスツリーはヴェネチアン・ビーズ。
青いスワロフスキーは約17mmのペンダント。深く変様する色に吸い込まれそうです。
左側の透明ボールはヴェネチアンのスフレ。ひと握りしたら壊れてしまいそうです。その儚さが魅力なのかもしれません。
ミリアム・ハスケルのパーツも少々。
小瓶はニナ・リッチのフルール・ド・フルールのミニチュア。
香水瓶はそれだけで観賞価値がありますね。

下段にはヴェネチアン・ビーズとまたまたミリアム・ハスケル。
f0279566_156050.jpg


わさ~っと置いただけ?いやいや、センスがないだけですねぇ(゜´Д`゜)トホホ~

その時々、ときめく色や形が違うものだから、脈絡のないコレクション。
たまに入れ替えて楽しみたいと思います^^

小さなビーズたち。光を受けてキラキラ輝く様は心を乙女に引き戻してくれそうな・・・(そんな時は絶対に鏡を見てはいけません!!)光が心を浄化してくれそうな・・・そんな気がします。


さてさて、春の陽気に誘われてスズラン水仙が咲きました。
ヴィオラ・ブルーリボンシェイドも我が世の春とばかりに元気よく咲いています。
f0279566_15152916.jpg


ブルーリボンシェイドのこの不思議な色あいが、ただいまのお気に入りです^^
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-03-29 15:20 | ビーズビジュウ | Trackback | Comments(2)

Joie du printemps

やっと・・・やっと、春が来たなぁと思える日が続いています。
今日は20°を超えているところもたくさんあるようですね。

桜の便りも聞こえ始め、待ち焦がれていた春の到来・・・変化をつけて、フランス語のタイトルにしてみました。

ニオイスミレを切ったら、小さな花からこぼれる香りの芳しいこと!!
庭の花桃も・・・ほら!3部咲きというところ。散る前に桜が咲くはずです。去年も寒かったので、桃と桜が同時に咲きましたっけ。
f0279566_15451754.jpg


春を感じながら文旦ピールを作ってみました。
f0279566_16253194.jpg

この写真、食べ物には見えないような・・・(○゚д゚)ャバィカモ・・・
   なので、ブラックチョコレートをかけて・・・↓
f0279566_16255037.jpg


よく売られているのはオレンジピールのチョコがけ。文旦の香りとチョコがマッチ!柑橘とチョコの相性は抜群ですね^^
ピールを作るときのお砂糖の量が半端じゃなく、7~8割のお砂糖を使います。大好きだけど、美味しいけれど、お腹まわりが気になるこの頃・・・恐ろしいです~ーー;

明日は久しぶりに納品に行ってこようと思います。
バタバタしているうちに春が駆け足で過ぎてしまいそうですものね^^;

予定のお品はこの子たち・・・
f0279566_16263670.jpg

赤いコサージュはご注文のお品。「赤」にもいろいろあるので、選ぶのに時間がかかってしまいました。
私の中では赤は秋~冬の色。でもなぜか赤系が多くなってしまいました~^^;

f0279566_1628217.jpg

春といえばやっぱりピンクですね♪春が過ぎる前にピンク色を使いたいなぁ♡

今年はコスチュームジュエリーばりの大ぶりアクセサリーが流行ですね。それを意識して少しボリュームを出してみました。
私自身は流行よりも自分の好みを優先させてしまうのですが、この年代(どの年代?^^;)になると、大きめアクセサリーじゃないとなぜかバランスが悪い・・・あ~ぁ。゚(゚´Д`゚)゚。・・・

若い頃は、大きなサンゴの指輪や大きな丸玉のネックレスをつけているおばさま方さまがたを見るにつけ、「信じらんない~」などと思ったものですが・・・今は納得できる年齢となってしまいましたよ^^;


春といえば卒業式。
我が家の長男も無事に大学を卒業しましたv(=^0^=)v
3/2からインド放浪?の旅に出ていた長男。先週月曜に帰ってきたらしいのですが、何の連絡も来ず・・・火曜日に電話をしてみると・・・

「帰りの飛行機に乗る直前から下痢と嘔吐に襲われて、飛行機の中は地獄だった!!帰ってきたら39度の熱でヤバかった!!」

とのこと・・・どうも悪い感染症とかではなかったようですが・・・同じ飛行機に乗り合わせた皆様やCAの方々にはご迷惑をおかけしたのではないかと・・・申し訳ありませんでしたm(_ _)m

さて、昨日。
ふと、卒業式はいつぞや?と気づき、電話をしても繋がらず、LINEを入れておくと忘れた頃に・・・

「先週、無事に卒業式終了!」

えぇ~Σ(゚д゚lll)???終わった~~~???耳を、いや、目を疑いました。

あぁ・・・逞しいのか、はたまた無頓着なだけなのか・・・確認するのを忘れていた私も私だけれど、大学の卒業式に両親ばかりか祖父母までも出席するというこの時代に、やはりこの親にしてこの子ありでしょうか・・・ーー;
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-03-25 16:59 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(6)

お宝雑誌

久しぶりに雑誌を買いました。
ouchichieさんの「おうち」でも紹介されていた「HARU-MI」です。
以前から本屋さんの店頭でパラパラ見てはいたのですが、この名前になってから買うのは初めて。

普段の暮らしにちょっとした楽しみを見つける姿勢は昔のまま・・・相変わらず若々しい姿に憧れます。
お弁当とキャベツにスポットがあたっています。
買ったその日に作ったのが「塩だれキャベツ」・・・焼肉屋さんにあるアレ!
作ったというほどのものでないわね^^;でも、もう一品という時にいいですよ♡

昔・・・「HARU-MI」が同じ扶桑社から別冊エッセ「すてきレシピ」という名前で発行されていたのをご存知でしょうか?(たぶん、移行しただけだと思っているのですが・・・?)
創刊されたのは1996年ですから、18年前のことです。

この「すてきレシピ」の創刊号は「暮らしのレシピ」という名前でした。何故か2号から名前が変更されたのです。なんでだろ~?

ずいぶん前ですが、この創刊号「暮らしのレシピ」は発行部数が少なかったので、ハルミストの中にはノドから手が出るほど欲しがる人がいるらしいよ~と友達から聞きました。

ホントかどうかは知らないけれど、なぁんとたまたま持っているのです^^v私のお宝雑誌です!
f0279566_13593451.jpg


あの当時は家事を楽しもうという雑誌はあまりなくて、まだまだ新米主婦だった私はワクワクしながら読んだものでした。

「ごちそうさまが、ききたくて」もちょうどその頃買った本。ずいぶんとお世話になりました。

私が持っているのは創刊号~12号までですが、今改めて読んでみても古さを感じないどころか、十分参考になり楽しい内容なのは流石です。

毎日の暮らしを楽しく・・・理想ですね^^♡


昨日のネックレスの一部を再度ア~ップ!

f0279566_14163686.jpg


アップにしてはちょっとピンボケ?yume1208さん、どうでしょうか~?^^
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-03-18 14:30 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(4)

春ですねぇ

ほ~ほけきょ。
今朝は今年初めて、鶯谷が庭にやって来て美し声を聞かせてくれました。
昨日・今日とぽかぽか陽気で、先週までの寒さがウソのよう。
庭先にも春のしるしが・・・

f0279566_13562319.jpg


先日アップしたスズラン水仙は花芽が伸びてきて、水仙も咲きました。
花桃の花芽も桃色がはっきりして膨らんできましたよ。
11月に狂い咲きしたニオイスミレも、今度は間違えずにちゃんと咲きました^^かわいい~♪

普通の寒さの冬の後には、花桃~杏~桜の順番で咲いては散るのですが、寒さが厳しいと咲く間隔が短いか、あるいは一気に咲きます。
今年もそうなりそうな気配です。

先日、お店に納品してきたお品をご紹介。
f0279566_14163313.jpg


左端は淡いマットなグリーンのロング・キューブ・ネックレス。
yume1208さ~ん、以前の記事でご紹介した黒の色違いですよ~^^

2番目は、卒入学式シーズンに向けてのコサージュ。ちょっと地味目かしらね?

3番目はご注文でお作りしたピアス。ちょっと大きめ、スタイリッシュ?

最後も卒入学式に向けての大きめ淡水パールのチョーカー。お花が留め具になっていますので、お花が前でもあるいは後ろにしてシンプルにも使えます。パールの周りはビーズのフリルが取り囲んでいます。フェミニンな装いのお伴にいかがでしょう?

この他にも数点を納品しましたが、春も近いというのに少々落ち着いた色目のものばかりでした。
たまたまお店にいらしていたお客様が、とてもステキなお話をしてくれました。

「私たちがこうして外に出てお茶を飲んだり買い物をしたりするのは、(年齢的に)自分の中から出てくるパワーだけじゃ足りないから、人と話すことや買った物からパワーをもらうためなのよ。アクセサリーなどの力を借りて元気を出すのよ。」と。

身につけると気持ちにハリが出たり、嬉しくなったり、自信が湧いてきたりするアクセサリーを作れたらいいなぁと思いながら制作していても、お客様がそんな風に考えておられるとはあまり想像していませんでしたのでちょっと感激でした。
こんなことをしていていいのかな?と、特に震災後は考えることが多くなっていましたので、こんな私でもちょっとはお役に立てているのかも・・・と思ったら、がぜんやる気が出てきました(*´∀`*)

あれ?確かに、人とお話することから力をもらっているんですねぇ^^

さぁ、芽吹きの春。頑張っていきましょう~~~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-03-17 14:51 | ビーズビジュウ | Trackback | Comments(4)

三年

この時期三年といえば、もうアレしかない。
そう、東日本大震災からまる三年。
今日、明日はブログにもこの話題がたくさん投稿されるでしょうね。

まるで大ナタを振り下ろされたたように、それまでの平穏な日常をざっくりと分断してしまったあの震災。
失った多くの命。
故郷を奪われてしまった方々。
いまだに復興半ばの各地。

心が痛みます。

途切れ途切れ入ってくる情報から、想像を絶する事態が起こっていると知ったのは、1~2日経ってから。
本震の最中に停電になり、電話もテレビも役にたちませんでした。そのうちに携帯も電源落ち。

震度6強の揺れに襲われながらも、幸い大きな被害には遭わなかった我が家も、10日間ほど水が出ない日々を経験。ガス・電気も数日間止まりました。
この時に最低限、人間は水と火があればなんとか生きられるのだとわかりました。
また、電気が止まると水さえも供給できなくなるということも知りました。

平和ボケして文明の利器に溺れてはいけないと、この時思いました。多少の不便さを残した生活をしていた方が、体と知恵は働くのだと知りました。

あの日から暫くは虚無感に襲われ、何も手につきませんでした。
家族は皆無事で、大した被害にも遭っていないのにそんな状態ですから、大きな被害を被ってしまった方々の傷はどれほどのものかと察して余りあります。

▼「釜石の風」・・・最新号の「三月を愛さない」という題名に、はっとさせられた。
▼「ここ被災地では、私達は三月を愛さないし、三月もまた私達を愛さない。三月は凄惨な記憶を蘇らせ、私たちの心をずたずたに引き裂く。・・・・・・二月の後が、すぐに四月であったならと思う」。一語一語が、当事者でない者の胸に突き刺さる。

今朝の天声人語から。岩手県の高校教師・照井翠さんのエッセーからの記述です。

薄れつつある傷。それはそれでいいけれど、あの日を忘れてはいけないと思う。
それは、うまく言えないけれど、いろいろな意味でこれからの私たちが歩んでゆく道しるべになるものなのではないかと思う。

▼「忘れない」の声は薄れがちで、この国、とりわけ東京の日常はいつしか浮かれてしまった観がある。被災した人の胸の内は一様ではあるまい。ただ、春を明るいものと見た「かつて」に立ち戻れない人を思えば、三月はやはりつらい月だ。


ご存知のように、私はすでに日常を取り戻し、好きなことをできる環境に戻っています。
ありがたいことです。
でも、私にとって三月は浮かれすぎないように・・・と自戒する月になりそうです。

f0279566_1349873.jpg


三年前も寒かったけれど、今年は格別寒いですね。
花桃の蕾はまだまだ固そうです。
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-03-10 13:55 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(2)

弥生・・・春遠からじ

今日は雨。弥生だというのにまだまだ寒いですねぇ。

それでも外に出てみると、春の空気が感じられました。
毎年、我が家で春を一番に知らせてくれるのは「水仙」。日当たりの良いところならば、早ければ一月には咲き出します。
次が「すずらん水仙」、そして「ムスカリ」。ここからは本格的に春の到来です。
f0279566_13334680.jpg

ところが、今年はまだこの状態。

でもね、クリスマスローズがいつの間にか咲いていました♪
f0279566_13364156.jpg

俯いて咲いているので、気づくのが遅れました。
この密やかな雰囲気のせいか、春を感じる花の中にはなかなか入れないのがちょっと残念です。美人さんなのにね。

春遠からじ・・・いや、もう春。だって、明後日はもう啓蟄ですものね。

今日は県立高校の入試の日。次男は部活の友人たちとディズニーランドへ行きました。

部活で忙しくほとんど遊びに出かけることのない次男にとっては、滅多にできない友人たちとの遠出の日。
次男たちばかりでなく、この入試の日にはお休み(本当は自宅学習の日?)となっている各県立高校の生徒たちがこぞってディズニーランド(あるいはシー)へ出かけている模様。

今日のディズニーランドは、若い茨城県民がいっぱいよ、きっと^^;
生憎のお天気だけど、おもいっきり楽しんできてほしいなぁ。
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-03-05 13:55 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(4)

寂しさと希望と

昨日の暖かさから一転、今日は寒いですね~((´д`))

詩人の”まどみちお”さんがお亡くなりになりました。104歳で現役の詩人。老衰だというから、大往生ですね。

お名前を聞いて「?」と思っても、童謡の「ぞうさん」「やぎさん ゆうびん」「ふしぎなポケット」「一ねんせいになったら」のどれも聞いたことがないという大人は、日本にはいないのではないでしょうか?

今日の朝日新聞・天声人語から・・・

「トンチンカン夫婦」という作品が愉快だ。91歳の夫は靴下を片足に2枚重ねてはき、もう片方がないと騒ぐ。
84歳の妻は米の入っていない炊飯器にスイッチをいれる。〈おかげでさくばくたる老夫婦の暮らしに/笑いはたえずこれぞ天の恵みと〉▼「おならはえらい」にもくすっとさせられる。なぜ偉いかというと〈でてきた とき/きちんと/あいさつ する〉からである。しかも〈せかいじゅうの/どこの だれにでも/わかる ことばで・・・〉▼やさしさとユーモアに満ちた詩をたくさん残して・・・▼小さなものに慈しみの目を向けた。蚊や毛虫、ビーズ、あかちゃん。それが、宇宙の無限や太古の悠久につながっているところに真骨頂があった。〈ああ/ほしが/カと まぎれるほどの/こんなに とおい ところで/わたしたちは いきている〉・・・▼『人生処方詩集』で見られる自筆原稿は、なんとも天衣無縫だ。〈たのしみは? ー クーテネール〉と始まり、〈すきなさくは? ー オナラハエラーイ〉と続き、〈まだかくき? ー シンダラヤメール〉とくる。いま宇宙のどのあたりだろうか。


1909年(明治42年)生まれというのですから、繊細な優しさを失わずユーモアをもって激動の時代を生きることは本当に難しいことだったと思います。
激動の時代の次には殺伐とした空気を内包した豊かさの時代。
そんな時代だからこそ、まどさんややなせたかしさん、金子みすずさんなどの詩がもてはやされるのかもしれないけれど、ただの流行でなく、人の心に染み入ってポッと小さな灯をともしてくれる・・・なんて素敵な仕事・人生でしょうか。

これから「老い」と向かい合っていかなければならない私たち。
まどさんのように大らかに老いと付き合う自信はないけれど、ユーモアに満ちた詩には生き方のヒントがたくさん詰まっているようです。

日々の小さなことへの愛情が、真の意味で生活を豊かにするものだと伝えているようです。

まどさん、あいりがとう。そして、安らかに。

それにしても最近、一時代を彩った方々の訃報が続きますね。その度に寂しさを感じます。
その一方で若い力の活躍。フィギュアスケートの羽生結弦クンなどはその代表格ですね♡あの柔らかい容姿からは想像もつかない確固たる意思とエネルギー。それでいて謙虚さを失っていない・・・

人も時代もどんどん変わってゆくもの・・・寂しさの次に来るのは、希望!だから人は生きていけるんですね^^


何だかわけがわかったような、わからないようなつぶやきでした・・・

オマケ

先週、お友達が参加していたフリマへ行きました。
そこで見つけた掘り出し物!
f0279566_141798.jpg


ガラスケースは900円。手前に置いてあるのはデミタスカップ。比べてみると小さな棚だとわかるでしょう?
ビーズを見せながら収納できるものを探していたので、グッドタイミングでした^^
青い絵付けのお皿は一枚350円!2枚しかなかったけれど、一目惚れ!裏を見ると「TSUJIMOTO TOKI」と書いてありました。日本のメーカーなんですね。

こんなことで小さな幸せを感じられるって、素敵なことですよね?!ヾ(*´∀`*)ノ
[PR]
by makemeup_451248 | 2014-03-01 14:29 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(0)