日々のこと、手仕事のこと、食べること・・・小さな喜びを見つけたい

by mammy's treasure

初笑い

新年になって笑っていないわけではありませんが、昨日浅草演芸ホールへ行ってきました。

f0279566_13233881.jpg

昭和の時代を引きずるこのレトロ感❣️
昔の映画館を思わせる雰囲気、初めてなのに懐かしいものがあります。
f0279566_14360427.jpg
プログラムも超レトロ❣️
f0279566_14363407.jpg


主人と2人、お弁当を買って14:00少し前に行きました。
木戸(チケットを買う所)の前にいたお兄さんに、「座れますか?」と聞くと、「もうすぐナイツが出るので一階は空いてませんが、二階なら座れます」とのこと。

「ナイツの後は多分一階も動くと思うので、好きに移動して下さい」と言うので、木戸銭を払って二階席へ上がりました。

私は今時のお笑いに興味がないのですが、ナイツ(芸能情報に疎い主人でさえ知っている😅)って、けっこう人気があるのですね〜😳
私達の後にも続々人が二階席へ上がってきました。

中入り(休憩?)までの約1時間、二階席でジッと聞いて…いや、実は朝が早かった私はほとんど居眠りしていて、何も覚えていないのですが…いました。
人のことは言えないのですが、後ろの席からグォーグォーというイビキが聞こえてきて目が覚めました。
居眠りするのは私だけじゃないことに安心しましたが、主人は「うるさくて聞いてられない!起こそうかと思った」と怒り心頭。
あ〜〜、イビキをかいてなくて良かった😓

中入りで一階へ移動すると、本当にかなりの人が出たようです。

中入り後は一階で聞きましたが、聞くならやはり一階がいいですね。

噺家さん達は一階席は左右へ奥へと目を向けますが、二階を見ることはないので、今ひとつ雰囲気が伝わってこないのですよ。

中入りから昼の部のトリまで約1時間半は寝ている暇もなく笑いました😊

普通のコンサートなどの喋りで笑う場面があっても声を抑えて笑いますが、ここは違う。
大きな声をあげて「あっはっは〜〜」と笑うんですね。
お客さんの笑いに誘われてまた笑ってしまったり。
とにかくよく笑えます。
寿命が1年は伸びたかもしれませんね。

昨日の昼の部主任(トリ)は最近人気の春風亭昇太さん。

f0279566_14075385.jpg
彼は上半身をよく動かして噺すので、座ったままの高座でもかなりのエネルギーを要するのではないかなと思いました。

噺家さんそれぞれに持ち味があって、お客さんの様子を見ながら噺を変えて、リアルタイムの話題を笑いに昇華させる噺家さんの器量と技術に感動です✨

演芸ホールは落語の他、漫談・手品・切り絵・曲芸など、大衆演芸の宝庫。ひととき昭和の匂いと笑いに包まれながら過ごす時間も良いものですね。
また行きたいです。


せっかく浅草にきたので浅草寺におまいりしましたが、相変わらず凄い人でした。

雷門の斜め向かいの浅草文化観光センター8Fの展望台に初めて行ってみました。
高所恐怖症なので、真下を見ることはできないのですが、浅草寺を眼下に東京の下町を一望できて、なかなか良い眺めでした😊

f0279566_14191374.jpg
雷門がビルの陰に入ってしまいましたが、仲見世の屋根がズラ〜〜と伸びているのがわかりますね。

f0279566_14205095.jpg
スカイツリーも青い空に映えますね😊

皆さまもぜひ大笑いをしに演芸ホールへお出ましになってくださいね〜、オススメですよ❤




f0279566_15365817.jpg














[PR]
# by makemeup_451248 | 2017-01-17 13:13 | お出かけ | Trackback | Comments(0)
遅ればせのご挨拶になってしまいました。

f0279566_15232040.jpg

今年もほそぼそとお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます🙇‍♀️🎍


今日から出勤の主人に合わせるように、最後に残った娘も先ほど帰京したのでやっと平日モードに戻りました。

12月は1/3を東京で過ごすことになってしまい、家の大掃除も殆どせずに新年を迎えてしまいました。
一年をゆっくり振り返る余裕も無い年の瀬を過ごすと、延長軸にある新年はあらたまった雰囲気を持てなくなるものなのだという理解に始まった新年です。トホホ…😞

とは言っても2017年は始まったばかりですものね。
気を取り直して、騒ぐ酉に負けないように元気に過ごしていきたいと思います。

皆様にとりましても穏やかで実り多き年となりますよう、願っております。


f0279566_15365817.jpg






[PR]
# by makemeup_451248 | 2017-01-05 15:22 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(2)

雅…2016名残の薔薇

寒暖の差が激しいですね。
昨日までは暖かい日が続いて、2週間前の降雪が信じられませんね。

昨夜からはまた冬がやって来ました。

暖かい陽射しと冬の空気の狭間で、しっかりとした花を見せてくれたのが、今年の春にお迎えした「雅−みやび−」。

今年最後の薔薇となるでしょう。
f0279566_17321393.jpg
ちょっとくすんだような落ち着いたピンクからブラウンの混じる色。

f0279566_17370390.jpg
外側の花びらは、春の色よりかなり濃く出ているように思います。

f0279566_17383124.jpg
こういう咲き方を「ダリア咲き」と言うらしい…。
ダリアに興味がないので、そうなんだ〜?という感じですが^^;

作者者の國枝啓司さんのHPによれば、

咲き始めは、紫色を帯びた剣咲き。そこから日をおうごとにどんどん開き、最後にはダリアのような花姿に。

開くとともに、中央部にブラウンを帯びた色合いを見せ、その色合いが、とても雅やかであることから、「雅」と命名。」

だそうです。

直立性なこともあり、和バラとしての雰囲気たっぷりの花姿です。

お正月に咲いてくれたら本領発揮…かもしれませんが、仕方ないですね。

今年最後の薔薇をゆっくりと味わいたいと思います(*^^*)




[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-12-07 17:20 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)

幻のりんご

とうとうカレンダーも残り1枚になりました。
久しぶりにブログを開いてビックリ⁉️私の最新の記事は9/30で止まったまま…
そんなに放っておいたなんて、全く意識しておりませんでした。光陰矢のごとし…この2ヶ月、私は何をしていたのかしら…⁉️


久しぶりの投稿は、今年も魅力度47位だった茨城県ネタで😭


虚しいランク付けにも拘らず、有名な所もある茨城です。

日本三大名瀑に並べられる「袋田の滝」。
大子町にあります。

以前にも触れたことがあると思いますが、茨城は親潮と黒潮が交わるために暖かい地方の作物の北限、寒い地方の作物の南限となることが多いのです。

南限のひとつがお茶らしいのですが、北限のひとつが「りんご🍎」です。

先日、友人のお母さんからりんごを沢山頂きました。
その中に小さなものが混じっていまして、これがその「幻のりんご」と言われる『こうとく』という品種なんだそうです。知らなかった〜〜😳

f0279566_11490371.jpg

右はじはお馴染みの「フジ」?このフジ、それほど大きなもよではありません。
左の5個の塊が「こうとく」です。
寄ってたかってこの程度ですから、その小ささが何となくお判りいただけるかと。

切ってみると…
f0279566_11540633.jpg
この蜜❣️
こちらの写真、Rちゃんにお裾分けしたものを、Rちゃんが撮ったもの。お借りしました〜😅

樹上完熟のため、こんなに蜜がたっぷりになるそうです❤️
小さな身からは強く爽やかなりんごの香りが漂います。
食味は固すぎず、柔らかでもなく。軽い歯応えがあります。そしてほどよい甘み💓

小さなりんごにはあまり味が無いイメージでしたが、これは違う。

何故「幻」か⁇
単純に生産量が少ないかららしいのですが、食べたい人は農家へ直接買い付けに行くそうで市場にはほとんど出回らないそうです。

友人のお母さんは大子出身者なので、事情ツウなのです✨
ある人は、「私も食べたいと思ってりんご園に聞いてみたら、コウトクは10月で終わりです」と言われて、手に入らなかった😢とのこと。

そんな希少なモノとは知らず、タダでありつけてラッキーでした💖

機会があったら、茨城県産のリンゴをご賞味下さいませ😊🍎



f0279566_21384570.jpg


[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-12-02 11:32 | 茨城県 | Trackback | Comments(2)

季節の香り

今日は久しぶりに爽やかな秋晴れですね。
空が高くなりました。

10日ほど前、外に出たらどこからともなく鼻を掠めた香り。
そう、金木犀の香り。

慌ただしく過ごしていたので、季節が進んでいることもあまり気に留めないでおりました。

視覚というものはいいかげんなもので、実は脳が見て認知しているので、脳が知覚しなければ見たものを記憶しておくことはできないものなのですよね。

慌ただしい9月、暑い暑いと言っているうちに季節の移ろいを教えてくれるのは、毎年決まって金木犀の香り。

どこの家の金木犀なのか、在りかはわからないのに、鼻をくすぐる存在感は素晴らしいものです。


さてさて、旬の香りといえばこちらも…
f0279566_11520259.jpeg
酢橘です。

京都の叔母が、丹波の栗と一緒に送ってくれました。

ちょっと置いてしまって黄色く熟してきたものがあるので、こちらはジャムにしようかと思います。

お友達からも頂いたので、併せて塩レモンならぬ、塩酢橘に仕込んでみました。

f0279566_11573363.jpeg

作り方は塩レモンと同じです。

お友達から頂いた酢橘の中に1個だけ大きなものがありました。
デカイ⁇…切ってみると、香りは昔懐かしい酸っぱい青みかん‼︎
実は、私は青みかんと夏みかんなどの酸っぱい果物が大好きです♡最近の売っている青みかんは、全く酸っぱさがなくて物足りないので買いません。

しかし、この青みかんの果汁の酸っぱさと言ったらレモン並み!さすがの私も食べるのは断念して、塩みかん(こんなのアリかわかりませんが)にしてみました。
同じ柑橘系ならオッケーじゃない⁉︎

f0279566_12045708.jpeg
みかんの皮は、漢方で使われるくらいだから、身体に良いのでは?と勝手に思い込んで、さてさてどんなお味になるのやら…^^;

ちなみに、2014年12月に漬けた塩レモンの今…

f0279566_12171821.jpeg

こんな飴色になりました。

2年近く経って、お味はさらに円やかになりました。時間という調味料は素晴らしいですね。


庭のレモンの木には12〜3個の実がついています。

f0279566_12211056.jpeg
この秋は、この実で塩レモンを作ろうと思っています。

今年の塩レモンが飴色になる頃には、2年前の塩レモンがなくなっていることでしょう^ ^


寂しさ募る秋は、食で寂しさを紛らわせるに限ります(*^^*)





f0279566_13125847.jpeg






[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-09-30 11:42 | | Trackback | Comments(2)