日々のこと、手仕事のこと、食べること・・・小さな喜びを見つけたい

by mammy's treasure

おひとりさまランチ

こんにちは。

楽しいシルバーウィークをお過ごしでしょうか。

私は、水曜から横浜の主人の実家に滞在。
昨日は主人と雨の鎌倉を散策し、別れて昨夜から次男の部屋に来ています。

そして、今、田園調布にあるエスプリ・ド・ビゴにて休憩&ランチ中です。

次男は部活に出かけましたので、私1人…
訪れるたびに汚さを増す次男の部屋の掃除を中断して、雨が降り出す前に散策に出かけたところです^ ^

芦屋が本店の「ビゴの店」。残念ながら行ったことがありません。
フランスパンが有名ですよね。

昨年、鎌倉を訪れた時に鎌倉の「モン・ペシェ・ミニョン」鎌倉ビゴの店に行きました。
とても美味しかったので、次男のところから来やすいこちらに来てみたかったのです♪

ランチセット(クロックムッシュか田舎パンサンドから選択)を注文しました。

きました、しました♪

田舎パンサンドです。
f0279566_12242504.jpeg

バゲットも好きだけれど、カンパーニュといわれる田舎パンが大好きです。なので、迷わずこちらをチョイス?

う〜ん、パンが美味しいと、シンプルなサンドイッチも断然ランクアップしますよね(*^^*)

というわけで、ヒマなおひとりさまランチのライブでした。

頂いたらブラブラして、またお掃除に集中‼︎です^^;



f0279566_13125847.jpeg












[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-09-24 11:59 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

母の気持ち

『母の時代は思うより短く、悩むより愛しい』

今朝の朝刊を開いたとき目に入ってきたフレーズです。

40代の子育て世代向けの雑誌「VERY」のキャッチコピーでした。

子育てはすでに卒業したmammysですから、よけいに、そうそう!そうだよね!と相槌を打ちました。

「子育ては楽しい、そしてときに辛い。
24時間の束縛に耐えられなくなる瞬間。
子供の我が儘が、度を超えるとき。
つい周りのお友達と比較してしまうとき。
自分自身の弱さが子供を通して見えてしまうとき。
仕事との両立に疲れ、時間のなさを、嘆くとき。
自分ひとり頑張っていると感じるとき。

でも、想像してみて。
あなたはいつか、この日々を懐かしく思う。
こんなに必要とされ、人から愛されるときがあるだろうか。
母の時代は想像力に満ちている。
…」

f0279566_12203321.jpeg
こんな時もありました

可笑しくて可笑しくて、笑いすぎたこと。
どうしていいかわからなくてオロオロしたこと。
ヒステリックに怒りをぶつけたこと。
あんなこと、こんなこと。

それぞれ高校を卒業するまで、上と下との差は5歳ですからつごう23年。
過ぎてみればあっという間でした。

こうして思い返していると、思い出とともに苦い思いがこみ上げてくるものがあります。
その正体は、自分がしてきた子育てに対する後悔と、子供達に対する申し訳なさだと、ずっと思っていました。
思い出すたびに、ごめんね、ごめんねと呟いてきました。

でも、もう一つ。今朝、気づきました。
「自分自身の弱さが子供を通して見えてしまった」ことへの焦りなのだと。

その時に気づいていれば、もっと素敵な子育てができたのに…ねぇ。

ことが済んでから気づくことは、その前にわかっているべきことなのでしょうね。
でも、やってみないとわからない。
だから、それはその人にとって必要な経験だということなのでしょうね。

人生に無駄な経験など無い、と言われたことがありますが、まさにその通りです。
ただ、その経験を通して何を感じて何に気づくか。
そこが無駄になるかどうかの別れめなのでしょうね。

と、気づいたところで、さて、その気づきをこれから生かしていけるか…そこが問題ですね。

なんでも気持ちよく忘れることができるのが、年を取ってからの特技になりましたからねぇ^^;

あんなに幼かった子供達も、今はこんなになりました。
f0279566_13020781.jpeg

それぞれに離れて暮らし、毎日どう暮らしているのか見えませんが、それぞれに喜怒哀楽を味わいいろんな気づきに満ちて健康な日々を過ごしていることを祈るばかりです。

f0279566_13074937.jpeg
そしていつか、自分だけの花を開かせますように…。



9月になりましたね。
日が短くなっているのを、日に日に感じています。
虫の声も賑やかになりました。

あちらこちらで大雨による被害が続いていますね。お見舞い申し上げます。

日照り、渇水、大雨。今年は目まぐるしいなつでした。

あ、まだまだ暑い日は続きそうですね。
どうぞご自愛なさってくださいね。


f0279566_13125847.jpeg





[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-09-07 11:40 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(4)

感動をありがとう〜〜

終わりましたね〜、寝不足から解放された方も多いことでしょうね。

テレビをあまり観ないし、年とともに夜更かしができなくなっている私は、もっぱらNHKのスマホアプリでチェック&観てました^ ^
たまたまリアルタイムで観られたのは男子体操の団体・金獲得くらいでしょうか^^;

昨日は台風で外出もできなかったので、閉会式の様子をアプリでゆっくり観ることができました。

メダル獲得数が増えた分、沢山の感動の場面があって、どれが一番とは言えませんよね。

私の涙がこみあげたのは、重量挙げの三宅宏実選手のスナッチ81kg成功、卓球・愛ちゃんの涙、女子レスリング・吉田選手の「ごめんなさい」、そして男子陸上400m銀‼️です。

翌21日の朝日新聞朝刊の一面を飾ったのは「より速く7センチ勇気の銀」

f0279566_11235648.jpg

てっきり私は、ゴールでのアメリカとの差が7センチなのかと思いましたが、そうではなく選手の英断の7センチがあっての銀メダルだと記事を読んでわかりました。

10秒を切る選手が1人もいないのに、記録は37秒60‼️
算数ニガテな私でもすぐわかるこの数字。

その謎を解くのが7センチだったようです。

f0279566_11343316.jpeg

2走の飯塚選手はスタート位置を4分の1足分、3走の桐生選手も4分の1足分、アンカーのケンブリッジ飛鳥(飛んでいきそうな名前ですよね〜)は半足分、予選の時より遠ざけていたというのです。
時速40km近い速度(らしいです(o_o)突っ込んでくるランナーからバトンを受け取るって…アクロバティックな世界じゃないでしょうか?

バトンワークに自信があるからこそできることなのでしょうけれど、ここ大一番の勝負どころでの作戦変更。
精神的な負担と、そんな賭けができるようにこれまで費やしてきた時間と努力、そして自分自身と仲間に対する信頼…

はぁ〜〜しびれます〜〜♪───O(≧∇≦)O────♪

スポーツに限らず芸術でもなんでも、パフォーマンスそのものや結果に痺れるのは勿論ですが、そこに至るまでのストーリーを妄想することで観る側の人間の感動はさらに大きくなるものですよね。

メダルに届かなくても数々のドラマが生まれてきたことだけは胸に刻んで、オリンピアンを讃えたいです。


次はパラリンピックが始まりますね。
いろいろと取り沙汰されていますが、オリンピックが開催されたのと同じように扱われ、開催されることを強く願っています。



台風が通り過ぎたmammys地方、今も雷雨です。
北海道ではかなりの被害が出ているようですね。
どうぞお気をつけてお過ごしください。




f0279566_18522074.jpeg










[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-08-23 10:54 | スポーツ | Trackback | Comments(4)

「市村座」

主人のお盆休みに合わせて、11日〜13日と横浜の主人の実家へ行ってきました。

というのを口実にまたまたチケットを取っておいたので、12日は娘と待ち合わせをしてお出かけしました。

場所は池袋の東京芸術劇場。
この日は市村正親の独り舞台「市村座」です♪

f0279566_23265251.jpeg

正直なところ、特別に市村正親ファンというわけではありません。
元劇団四季のスター、美しい篠原涼子さんの旦那さん、そして元気なおじさん(笑)というくらいの情報しか持ち合わせておりませんでした。

ある日、生協のチケットカタログを見ていて目に留まったのが「市村座」。

なんだか面白そう♪とつい申し込んだのです。


歌舞伎を真似た口上から始まった軽快な舞台は、立体落語、講談、独り芝居、エディット・ピアフになりきった歌ありと、とても面白くて市村正親さんの芸達者さと情熱とお茶目さが伝わるものでしたよ(*^^*)

「市村座」は旗揚げ20周年だそうで、固定ファンの方々が大勢いらっしゃるようでした。

前列の席からは「おひねり」を投げる人達もいて、それもショウを盛り上げるのにひと役かっていました^ ^

こういう舞台は初めて観ましたが、有名演歌歌手が座長を務める舞台とは、こんな感じなのでしょうかね。

カーテンコールは、先日亡くなった蜷川幸雄さんに捧げて作った唄でした、

失った人との思い出や感謝の心、どんな風に関係を築いていたのか…いろんなことを感じさせてくれた歌声でした。

ロビーには贈花が飾られていました。
いろんな人の名前がありましたよ。
f0279566_17444046.jpeg


頂いた記念品と団扇?を眺めつつ、また観たいなぁと、思い出し笑いをしております(*^^*)
f0279566_17472007.jpeg

f0279566_17501821.jpeg
(何故か、”た” が入ってしまいました〜ご愛嬌ということでお許しを^^;)

頂いた記念品は日本手ぬぐい。
さて、何に使いましょうか⁈




終わって、芸術劇場前の広場を通りかかると、たっくさんの人がいました。
動くでなく、お喋りするでなく異様な雰囲気…

娘と「ポケモン⁈」と同時に声が出ましたよ。

f0279566_17565282.jpeg

次に2人同時に発した言葉は「不気味〜〜」

楽しく興じている方々には失礼だけれど、蚊帳の外の人間の目からは不気味な光景でしたよ。

しばらくはポケモン狂想曲が巷に溢れそうですね。


気を取り直して、西武池袋の中にある「京はやしや」でわらび餅を食べて、ボランティアに行くという娘と別れました。

f0279566_18034898.jpeg
「京はやしや」のわらび餅はプルプルの食感で、大好きです♪
もともとが茶舗なので、お茶の種類も多くて美味しくて、ポットでサーブしてくれるのもマルですね。


お盆のさ中、本日も楽しい一日を過ごせたこと、ご先祖様としゅじんに感謝しなければなりませんね(*^^*)





f0279566_18522074.jpeg







[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-08-19 17:31 | お出かけ | Trackback | Comments(2)
真夏にぽつぽつと開いたバラ。

f0279566_10435300.jpeg
ガブリエル

f0279566_10444065.jpeg
笑み (サーモンピンク)

f0279566_10463811.jpeg
ラピスラズリ

f0279566_10473830.jpg
雅 *みやび*

そして、
f0279566_10583821.jpeg
ヘリティッジ

この夏、何故かこの儚げな淡い色に癒されています。
もちろん、これまでも大好きなバラでしたが、この夏ほど優しく心に触れることはなかったように思います。
何故でしょうねぇ…。

f0279566_11061715.jpeg

蕾から咲ききるまで、優美で可愛らしい表情を崩しません。
十分な香りを振りまくけれど、あくまで上品で優しい香り。

そしてこのバラは、色褪せる前に潔くはらはら散ってゆきます。

最後まで魅力的なバラなのです。

今、テーブルの上で優しく微笑んでいるのが、この盛夏最後のヘリティッジかも。
涼やかな表情を愉しんで、心ゆくまで愛でようと思います。

次に蕾が上がってくる頃には、また気分が変わっているかもしれませんね。


ある時娘から質問されました。
「どうしておばちゃんはバラが好きなの?」

その美しさに、失ったものの面影を追っているからかな?…と、その時は考えました。

でも、今度はこう答えようと思います。
「それぞれ個性があって、一括りできないから。まるで人間みたいだよ」と。

もっとも、そんな話題をする頃にはまた違った答えを見つけているかもしれませんが。

秋バラを綺麗に咲かせたいというお友達は、真夏につく蕾を全部取ってしまうそうですが、私にはそれができません。

一生懸命生み出した蕾、咲かせてあげたいです。
でも、株が弱るので咲き始める前に切りますが。

お蔭で真夏にも少しずつですがバラを楽しむことができるのです。


台風が通り過ぎました。
こんな時期にこちらへやって来るなんて、慌てん坊な台風ですね。

でも、今シーズンはこれでふたつ目。
やっぱり今年はおかしな気候なのですね。

乾いている関東地方にとっては有難いことですが、西日本の皆さまは豪雨だったり日照りだったり、大変な夏ですね。

どうぞご自愛なさって、厳しい季節を乗り越えましょう。



f0279566_18522074.jpeg






[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-08-17 10:35 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)