日々のこと、手仕事のこと、食べること・・・小さな喜びを見つけたい

by mammy's treasure

東京のどら焼き

こんにちは^ ^
梅雨はどこ?夏はどこ?と聞きたくなるようなお天気が続いていますね。
mammys地方は涼しくて、夜は窓を閉めきらないと寒くて目が覚めてしまいます。

さてさて、先週木曜日から昨日までの6日間は娘の部屋〜次男の部屋〜主人の実家…と行脚しておりました。

東京からの帰路が平日に当たる時は、決まって日本橋うさぎやのどら焼きを買って帰ります♪

東京駅八重洲口から至近なので寄りやすいのですが、祝日曜日が店休日ですから帰宅が日曜日ではありつけないのです。

f0279566_14490496.jpg

和菓子は大好きですが、どら焼きが特別好きなわけではありませんでした。

ところが、娘が東京へ出てからしばらくの間、帰省のたびにどら焼きを買ってきてくれることが続いたのが始まりです。→

うさぎやのどら焼きは冷まさずに袋詰めするので、買ってすぐに食べるとホカホカフカフカで餡子もトロリとしていて、ホントに美味しいです(*^◯^*)
機会があったらぜひぜひ、すぐに食べてみて下さい。
f0279566_15243651.jpg


便利さで日本橋うさぎやさんのどら焼きを買うことが多いのですが、いくつか食べるうちに食べ比べしたくなるのですね。
調べてみると、東京には美味しいどら焼きがたくさんある❣️

その一つに、自由が丘の「黒船」のどら焼きがはいっているではありませんか♡

黒船、お店の前は何度も通り過ぎているので、「えー‼︎あのお店⁉︎」でした。

次男は自由が丘の近くに住んでいるので、今度行ったら…と虎視眈々と狙っていましたが、土曜日に行ってきました♪

洋菓子屋さんかと見間違えそうな店構え。
f0279566_15300021.jpeg
(写真は拝借しました)

問題のどら焼きは…
f0279566_15311161.jpeg
フツウの大きさの1枚の皮を半折りした形。
店構え同様、パッケージがオシャレです。

お味の方は黒糖が効いた皮に独特のモチモチ感が合わさって、どら焼き?に分類していいのかな?と思えるものでした。

うさぎやや亀十とはまた別物で、どちらがと言えない美味しい逸品です(*^◯^*)


先月東京へ行った折りには、浅草へ立ち寄ったので「亀十」のどら焼きを久しぶりに買いました。

亀十のどら焼きはフワフワの皮がまるで洋菓子のようで、焼き目も形もムラがあります。

f0279566_15090076.jpeg
(撮り忘れたので、写真は拝借)

こちらは亀十の最中。

f0279566_15032219.jpeg
写真ではフツウに見えますが、餡子を挟んだ高さは5cmほどはあります。
もう、餡子好きには堪りません♪

帰りのバスの中でオヤツに頂きました。
私、最中と羊羹が大好きなのです♡
どら焼きにハマってはいますが、これはあくまでオイシイと言われるお店のものだけ。
どら焼きと最中(or羊羹)を並べてどちらかを取るならば、間違いなく最中を取ります(^ ^)

この日の主人 へのお土産にはどら焼きを買いましたが、主人の好みはフワフワの亀十だそうです。

私は…うーむ…それぞれに美味しくて選べない❣️
でも、コスパから言うと「うさぎや」に軍配かな?
アノお味で、アノ大きさでいまどき210円❣️
庶民のオヤツとしては「うさぎや」で決まりですね。
上野の「うさぎや」は、また微妙な違いがあるけれど、やはり美味しいです。
阿佐ヶ谷の「うさぎや」のものはまだ食べてないので、できれば食べてみたいなぁ〜♪


うさぎやさんのどら焼きに加えてお気に入りは、「茶通」です。
最近は、必ず付け加えて買ってきます^o^

お茶の風味が立っている皮に、胡麻が効いた餡子が美味でございます〜〜♪
f0279566_15514629.jpeg
手前の小さめの丸いものは「うさぎや饅頭」。
どら焼きの皮に近い皮で、固めの餡子をしっかり焼き固めたようなお饅頭。

うさぎや饅頭と茶通は、ナント、ビニールなどに包まれていません。
エコのためじゃなく、何か理由があると思いますが、そのわけを知りたいものです。
店先に並んでいると、あれもこれもお味見したくなってしまいます。

うふ、美味しゅうございました💓


東京のどら焼き巡り、機会があれば更に進めたいと思います♪



f0279566_15541222.jpeg














[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-07-27 14:38 | | Trackback | Comments(6)

今年の成りもの

f0279566_17303280.jpeg
ブラックベリーがたわわに実り、ぽつりぽつりと黒くなってきました。

このブラックベリー、今までブログにはほとんど登場していませんが、実は我が家の庭に定着して久しいものなのです。

草花の見分けがつかない主人がいつの間にか短く切り詰めてしまうので、ほとんど実をつけずにいました。

わかるように花壇の中に移したのが大成功!
今年はたわわです♪(*^^*)

不順な天候でもこうして頑張って実をつける植物を見ると、私も頑張らなくちゃ‼︎と、元気をもらえますね(*^^*)


ルビーの輝きを放っていた「房すぐり」は、すでにジューンベリーと一緒にジャムに変身してビンに収まっています^ ^
f0279566_17444264.jpeg

f0279566_17500900.jpeg

ビンに入っていると黒っぽく見えますが、ヨーグルトなどにかけると鮮やかさが少し戻ります。


自然の恵み、ありがたくいただきま〜〜す♪




f0279566_15541222.jpeg


[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-07-15 17:29 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

横浜・みなとみらい

こんにちは^ ^

先週土曜日は義父の3周忌を行いました。
あっという間の2年でした。

実家の横浜の帰りがけ、日曜日にみなとみらい地区へ立ち寄りました。

前日までとは打って変わって夏の陽射しが照りつけ、海辺の街は沢山の人で賑わっていました。

f0279566_16592730.jpeg
ベイブリッジの向こうの雲が、夏の到来を告げているようです。

f0279566_17004809.jpeg

f0279566_17015633.jpeg

赤煉瓦倉庫。

実は、赤煉瓦倉庫がショッピングモールになってから初めて来ました。(かなり遅れてます^^;)

赤煉瓦倉庫の中は通路がさほど広くないので、場所によってはなかなか先に進めないような混雑でした。

関内から赤煉瓦倉庫の中をぶらついて、そのまま桜木町方面へ。

f0279566_17175729.jpeg
ランドマークタワー。
社会人となり今は愛知で実習中の長男、来週からはこのビルの一角で本格的に仕事に就く予定です。
私の方がドキドキしちゃいます。

みなとみらい地区は夏が似合う場所ですね。
時間の都合でささっと通り過ぎてしまいましたが、またゆっくりと来たいと思います。

赤煉瓦倉庫の中の「override」という帽子屋さんで、相方への誕生日プレゼントを買いました。

うちの相方はお洒落にとんと無頓着です。
出勤以外で出かける時にはいつも同じキャップを被るのですが、これがイマイチ…

娘も一緒に見立てた帽子が、相方お気に入りのキャップより似合っていたので即決です。

f0279566_17284342.jpeg
それがコレ。
初ハンチングです(*^^*)

記念の1枚。
f0279566_17295240.jpeg
如何です?似合っているでしょう(笑)
最近のアプリは面白いイタズラができて、つい遊んでしまいます^^;

相方はチョー真面目(要するに融通がきかないタイプ)人間。
この日も長男と娘に向かって真面目な顔で聞いていました。

…どうしてもわからないんだけど、ラインとかで(笑)ってつけるのはどういう意味?

長男、娘、私の3人は顔を見合わせて答えに困りましたよ。
その時によって変化するニュアンスの違いをこの人に説明してわかるのだろうか…⁈

案の定、理解されませんでした^^;

夏用の軽やかなハンチングも買ったことだし、風通しの良く少し頭を柔らかくしてもらいたいものですね^^;



梅雨明けはもう少し先のようですね。
皆様、夏に向けてご自愛なさってくださいね。




f0279566_15541222.jpeg
























[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-07-14 16:25 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

エッシャー展

お久しぶりでございます✨
時の流れはホントに速い…自覚のないままに約2ヶ月も放置しておりました。

ネタがなかったわけではないのですが、何やらバタバタしている間に気づけば梅雨も終わりに近づいてしまいました😓

ぼちぼちブログ巡りを始めたところ、ブロ友さんのyumeさんから「楽しみにしています」との嬉しい励ましを頂き、単純にも再開です



さて、昨日は主人と2人で文化の風に吹かれようかと、県立近代美術館へ行って参りました。

f0279566_15042849.png
(近代美術館HPより)

エッシャーでピンとこなくても、「騙し絵の画家」といえばたいていの方は、↓の絵ね、とお判りいただけますね。

下に落ちていったはずの水がいつの間にか上に戻り、また落ちて…
永遠に続く迷宮ですね。

f0279566_15110692.jpeg
これは撮影コーナーにあった拡大版です。(盗撮ではありませんよ〜)
f0279566_15185740.jpeg
(こちらも撮影コーナーから)

「騙し絵」といえばそれまでのような気がしますが、連続の中の変化や、メビウスの輪のような終わることのない連続、数学的な幾何学模様の組み合わせ…
その中に見え隠れする普遍的なものを感じるのはそれぞれの心なのでしょうか。

初期の作品から、エッシャーに影響を与えた美術教師サミュエル・ド・メスキータ(1868〜1944)の作品なども併せて、109点の作品が展示されていました。

エッシャーの頭の中か複雑すぎたせいか、ところどころの解説が私には難解でしたが、全体的には子供たちも楽しめる企画展なのではないでしょうか。

そして今でも色褪せないどころか、燦然と存在感を放っている摩訶不思議な絵の数々でした。

本物を見るチャンスに恵まれて幸運でした。

夏休み前の日曜日でしたが、残り約1週間の展示となったせいか、家族連れがたくさんいました。
興味深げに覗き込む子供に、何やら説明しているお父さんが何組もいて、微笑ましい風景も見ることができてほっこりしました。

外に出ると…水戸は暑かった☀️

昨日は全国的に暑かったようですね。
水不足に猛暑がきたら、この夏はどうなるのでしょうね〜😰

皆さま、どうぞご自愛下さいませ💗







[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-07-04 14:57 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

母の日に、亡き母の夢

近しい身内が集まって(誰なのかははっきりしないけれと、何となく近しい人達のよう)いる中、突然に母の体調が悪くなり場面はいきなり病院へ。

あっという間に息をひきとる母…

何もできなかった、してあげられなかったと胸の中で叫ぶ私。

と、ここで目覚めました。

昨日の朝の目覚めの夢は、母の死でした。


最近、子供達の事で物想いにふけることがしばしば。そこに「子離れ」「老い」「生と死」などが絡み合ったりほぐれたりしていました。

そこに「何もできなかった、してあげられなかった」という夢。

「何もできなかった、してあげられなかった」という気持ちを4年前に母が亡くなってからずっと抱えていたとはいえ、今更何を語ろうというのだろう…と、ベッドの中で考えました。

私は寝覚めが良い方ですが、それにしても驚くほどスルスルと何かが解けていくように結論に辿り着きました。

わずか数分の間に、
母の死➡︎後悔➡︎どんなにしても後悔は残る➡︎子供達の人生と自分の人生の重なり➡︎愛する人達との別れ➡︎いつか来る主人との永遠の別れ…

のような思考が巡りました。

そしてたどり着いたのは、いずれやって来るいろいろな別れに対してできることは「今の生活を大切に、目の前のできることをする」という、至極当たり前過ぎる結論でした。

今の私の生活は主人と2人だけですから、当然主人を、主人との時間を大切にするということも含まれます。

あは、主人をないがしろにしていたってことかしら⁉️😅

子離れしきれない私への母(天?)からのメッセージなのかもしれません。




この結論は、ずっと前から頭の中には存在していましたし子供達にも伝えてきたことでしたが、昨日の朝ほど心の中にストンと落ちてきたことはありませんでした。

ストンと落ちて来る…そんな経験が皆さまにもありますか?
私の場合、とき突然に短時間の思考の中でやってきます。


しかし‼️何しろアバウトな私…
日々の雑事に紛れて大切なものを見落としてしまうでしょう。
どこかに「母の日の夢」というキーワードを残しておかなければなりませんね。


離れて暮らす子供達からは母の日の「は」の字もない寂しい日でしたが(毎年のことなので気にもなりませんが、世間でのクローズアップ度はかなりのものなので、ギャップは気になります)、なぜかすっきり過ごせた1日でした😊


GW終わりましたね。

皆さまはどんな楽しい休日を過ごされましたか?



f0279566_12284507.jpeg









[PR]
# by makemeup_451248 | 2016-05-09 11:27 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(2)