日々のこと、手仕事のこと、食べること・・・小さな喜びを見つけたい

by mammy's treasure

対岸の火事ではなくて…

大変な災害となってしまいました。
あまりの惨状は、東日本大震災の津波の跡のよう…

心からお見舞い申し上げます。

震災の時、我が家はたいした被害を受けていないにもかかわらず市内で津波被害に遭った友人のことに想いが及ばず何も手伝わなかったことが今だに心残りになっています。

遠く離れていれば、手取り早いのは義援金。
災害がおこるたびにほんの少しずつですが気持ちばかりの寄付をしてきました。

温暖化の影響で、毎年大きな天災が起きるようになってきて、その上に地震と火山活動…日本中どこで大きな災害がおきてもおかしくない状況ですね。

対岸の火事と思わず、気持ちを引き締めて備えをおこたらず助け合いの心を育んでいかなければならないと自分に言い聞かせました。

7年前、我が家の窓から見えたブルーシートに覆われた家々を脳裏に刻んで。





f0279566_12173471.jpeg



[PR]
# by makemeup_451248 | 2018-07-10 12:02 | 日々のつぶやき

父が残してくれたコト

1ヶ月前、父はまだそこにいた。

朝、部屋の扉を開けて覗けば口を開けてスヤスヤ眠っていたし、夜に眠れなくなるからと昼寝している父を起こせばパッと目を開きお茶目な顔をしてバツ悪そうにしていた。

ヨチヨチ歩きでパタパタとスリッパの音をさせてリビングの入り口で立ち止まってお腹が空いたとジェスチャーで訴えたり、就寝前にははり入り口で両手を重ねて睡眠導入剤をくれと私に伝えていた。

5月29日はいつものようにデイサービスへ行き、風邪気味で少し熱があったので夕方病院へ行ったけれどすぐに下熱して、夕食も夜食も普通に食べていた。

就寝する時に布団を掛けてあげたら「ありがとう」と一言。これが最期の言葉だった。

5月30日の朝、私が見つけた時はトイレットペーパーを指に絡めたまま眠るように便座に座っていた。

時間の流れがわからなくなった5日間。
6月4日、最後まで心配してくれていたご夫婦が駆けつけてくれた直後に2度目の心停止。

見送って約1ヶ月経つけれど、部屋のベッドに眠っているような気がしてならない。

朝に、帰宅後に、寝る前に。つい部屋を覗いてしまう。
その度にもう二度と戻ってこないのだと思い知らされる。

別れは突然なのだと思い知らされた。
倒れる前日に「明日、練習する」と言っていたのに、『明日』は来ないかもしれないと知った。

倒れる前日、私は肩を揉んであげたし布団を掛けてあげたし、起きるのを手伝ってあげられたし、何より怒らずに世話をすることができた。
父への餞としては、それが何よりだったかもしれない。

父の胃袋に収まった最期の食べ物は、真夜中に食べたバナナだった。
前日の夜は父の大好きな金平を作って良かった。
その前の日は、これまた大好きな刺身蒟蒻だったけれど、栄養のない蒟蒻ばかり食べてしまうので「これだけね」と言ってほんの少ししか食べさせなかった。

こうなるなら好きなものはもっとたくさん、もっと美味しいモノを食べさせてあげたかったと、しょうもない後悔が続く。

短いけれどいろいろあった年老いた父との同居。

父が残してくれたコトは、案外重大なコトかもしれないなぁ…。

f0279566_16394142.jpeg

先月21日は父の87回目の誕生日。
私の都合でショートステイで過ごさせてしまったので、約一週間遅れの27日に俄かに誕生パーティー🎶
時間が無かったので即席チーズケーキでお祝い。

涙を浮かべていたっけ。

もしかしたら最後の誕生祝いになるかもしれない。そうなったら後悔する!と思ったのがいけなかったのかなぁ…その数日後、現実のものになるとは皮肉なものだわねぇ…。



f0279566_16455038.jpeg





[PR]
# by makemeup_451248 | 2018-06-27 15:57 | 家族

成長

GWは初節句もあったので娘と次男が一緒に住んでいる部屋に5日ほど居候しました。


大学生で長期の休みになっても滅多に帰省しない我が家の子供達。
まして社会人なったらますます機会が減ってしまいます。

社会人二年生の娘はカレンダー通りのお休みなのでゆっくりできませんが、目出度く大学四年に進級できた次男は、授業も少なく卒論に追われる前なのでけっこうまったりしていました。

8月に院試を控えていることもあって、気がつくとテキストを開いています。
親の前だからポーズか⁉︎と思っていたら、娘曰く、けっこう勉強しているよ、と。

昔からコツコツと机に向かうタイプではなかったのに、いろいろ経験して必要なことは実行できるようになったようです。

夜はお酒を飲みながらの世間話。
どちらかと言うと無口で自己主張することもなく、自分のことを語ることのなかった次男でした。
驚いたことに、1年ほど付き合って別れた彼女のこと、そして新しい彼女のことを話し始めたではありませんか!
オクテだった次男が、短い間に新しいGFと付き合い始めたことだけでもビックリなのに、彼女の内面的なことも捉えて話をしてくれたことに驚くやら嬉しいやら。

一緒に飲んでいた夫は大酒喰らってとっとと眠りこけてしまい、ゆったりとしたお喋りに加わりませんでした。
子供達とお酒を飲むことを楽しみにしているけれど、夫にとってお酒を飲むこと自体が目的であって、コミュニケーションの潤滑油でもツマミでもなくなんて勿体無いことをするのだろう…と、なんとも解せない気持ちになりましたよ(p_-)


5/5は長男宅でささやかな初節句のお祝いをしました。
f0279566_13055073.jpeg

羊毛フェルトの鯉のぼり🎏も一緒です^_^
f0279566_13070565.jpeg


ママが作った子供の日スペシャルランチ‼︎
f0279566_13081834.jpeg

一年前は新生児だった孫も二足歩行間近に。
f0279566_13143157.jpeg
⬇︎
f0279566_13195746.jpeg

身近な者の成長を感じられた、素敵な休日でした。




f0279566_09494934.jpeg










[PR]
# by makemeup_451248 | 2018-05-18 09:34 | 家族
今年もやって来たこの季節^ ^;

まずはモッコウバラから始まるのはいつものこと。
だけれども今年は異変!
花の咲く時期が一気に早まったのは桜前線をとってみても周知の通りですね。

高台に建つ我が家、風当たりが強いせいかいつも他所様の薔薇達より出遅れ気味でした。
モッコウバラが咲いても蕾がなかなか膨らまないのが毎年のことだったのに…。

なんと、今年は揃い踏み!

f0279566_12422989.jpeg
ダフネ、ラデュレ、アイスバーグ、ブルーリバー、ヘリテイッジ

f0279566_12442467.jpeg
笑み、プリンセス・ド・モナコ、名無しの権兵衛さん(名前がわからないのでローズピンクと呼んでます)、ピエール・ド・ロンサール

ほぼ同じ進み具合です。

我が家ではモッコウバラの次に咲くのは「ニコル」のはずが、今年の一番乗りは

f0279566_12472361.jpeg
昨年お迎えした「エターナル」
華やかな花姿と素敵な香りのレディです♡

一位の座を奪われたニコルちゃん。
f0279566_12490187.jpeg
追いつき追い越せの勢いでたくさんの蕾を付けてます♪

そんな中でマイペース遅咲きののイブ・ピアッチェさんは、まだまだ夢の中。
f0279566_12515878.jpeg

周りに振り回されず自分のペースを守れることって大事ですよね〜^_^





f0279566_09494934.jpeg





[PR]
# by makemeup_451248 | 2018-05-08 12:27 | ガーデニング

初節句

我が家の初孫、昨年は生まれたばかりだったので今年初節句としました。

初節句となれば鯉のぼりに武者飾り❗️
購入を打診すると「狭い部屋に飾れないから要らない〜」との返事。

お嫁さんの実家の意向もわからないしいろんな意味で負担の無い範囲を考慮して…
記念になればと作ってみました♡

f0279566_02273099.jpeg

フォトフレームと鯉のぼり。

フォトフレームは市販のものに鯉と菖蒲をアクリル絵具でやや大人っぽい雰囲気で描きました。
f0279566_02295563.jpeg

鯉のぼりは、羊毛フェルトで。
不揃いなウロコの刺繍が手作り感満載です^^;
f0279566_02322634.jpeg
折紙の兜は、主人に折ってもらいました。
実は折紙がめっぽう苦手です。
そら豆のようなものは、一応柏餅(のつもり)^ ^;
チマキの方が雰囲気とバランスは良かったように思います。

ただの自己満足に終わりそうですが、健やかな成長を願って心ばかりのお祝いの品です。





f0279566_09494934.jpeg



[PR]
# by makemeup_451248 | 2018-05-05 02:17 | 手仕事