日々のこと、手仕事のこと、食べること・・・小さな喜びを見つけたい

by mammy's treasure

穏やかな海

皆さま、お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。

子供たちが一人、二人と都会の喧騒に戻っていって静かになり、いつものウォーキングタイムが戻ってきました。

歩き初めの3日は山沿いの見晴らしの良い道路へ。
f0279566_15255285.jpeg

海上の小さな船影は、たぶん大洗港発苫小牧行きのフェリー。
我が街を見晴らしながら、心は寒い北海道へ…。

想像力はウォーキングの楽しいお供です。

今日は海へ。

海沿いにある小高い公園から臨む太平洋。
大みかの灯台も見えます。

f0279566_15433109.jpeg
この公園の近くには、江戸の鎖国時代に切支丹が上陸するのを監視した「水木異国船遠見番所」があったとのこと。
納得です。

お役人は緊張して見張っていたのでしょうが、現代に生きる私はただただ気持ちよく太平洋を見晴らしています。

水木海岸へまわってみます。
どこかのプライベートビーチよりも小さな海水浴場。
小さな子どもを遊ばせるのには目が届くので安心です。
看板をよく見ると、今まで気づきませんでしたが「快水浴場百選 環境省選定」と書いてあります。

f0279566_15551007.jpeg

水木海水浴場から海沿いの道は、東日本大震災後から堤防工事を進めています。

f0279566_16024687.jpeg
手前の高さが以前の堤防で、途中から白く高くなっています。
おそらく1m20〜30ほどのかさ上げ。

f0279566_16092000.jpeg
身長181cmの主人より30cmほと高いでしょうか。

もうあのような惨事が起きないようにと祈るばかりです。

今年一年がこの海のように穏やかでありますように…。

f0279566_16152547.jpeg
1日のニューイヤー駅伝の応援で群馬へ行っていた友人から送られてきた初日の出の写真。

我が家から見る景色とずいぶん違うけれど、神々しさは同じですね。
朝日でエネルギーチャージ‼︎
今年も頑張りましょう♡




f0279566_16472348.jpeg











# by makemeup_451248 | 2019-01-06 15:16 | 茨城県 | Comments(0)

茨城、お買い物天国♪

今年も押し迫ってきましたね。

今年は喪中なのでお正月準備は特別なことはしませんが、それでも家族が集まるので多少は必要です。

ここは農産王国の茨城‼︎
我が家からそう遠くない所にも農産物販売所があるので、友人Rちゃんとちょっと早めに買い出しに行ってきました。
じゃーん!

f0279566_16493749.jpeg
白菜大・小各1個、キャベツ大1個、大根、長葱1把、ピーマン1袋、椎茸1袋、舞茸1パック

この年末に、これだけ買っておいくらだと思いますか?

1,172円です♡
一番高いのが舞茸172円‼︎

うふ、田舎が輝いて見える瞬間です♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

田舎万歳♡


f0279566_16472348.jpeg




# by makemeup_451248 | 2018-12-28 16:42 | | Comments(0)

クリスマス礼拝

先日、一足早く母校の中学校でのクリスマス礼拝に参加してきました。

f0279566_21272536.jpeg

ほの明るい講堂に響く賛美歌。
心の平安と世の平和を願う言葉。

静寂に包まれて祈ると、不思議と心が穏やかになります。

家族や友人たちと陽気に過ごすのもいいけれど、祈りの中で静かに過ごすひと時。
国境も人種も超えてただ地球人として生きることができたら、紛争も難民も環境悪化も、いろんなことが解決に向かうのかな…などと考えていました。

クリスマス、ただのイベントでなく、遠くに想いを馳せる日にしたいと思いました。


さて現実のクリスマス。
子供達が家を出てからは恒例だった外でのクリスマスディナー。
今年は、家から歩いて行けたお気に入りのイタリアンのお店が居酒屋になってしまい、気持ちが削がれたのでお家ご飯。

と言っても夫婦2人だけでは盛り上がるはずもなく…いや、ただお酒が飲めればご機嫌の主人は独り盛り上がってはいたけれど…なんとも静かなお家クリスマスでした。

それも、出勤に備えて三連休の2日目である23日に!という主人の要望で、昨日のイブはフツーのお夕飯。
さらに今夜は主人が忘年会のため独り残り物のお夕飯。

人生100年時代といわれるようになってきたこの先、世間の華やかさとはかけ離れたこんなクリスマスを過ごすことも多くなるんだろうなぁ…などと寂しいことを考えています(´ω`)

トホホ〜なクリスマスの夜です。


f0279566_21425202.jpeg




f0279566_16472348.jpeg





# by makemeup_451248 | 2018-12-25 21:07 | 日々のつぶやき | Comments(2)

北鎌倉

新宿御苑へ行った次の日は鎌倉へ行きました。

鎌倉は好きで、ここ最近は年に1〜2度訪れるのですが、平日と決めています。
休日の鎌倉には近づきたくありません。

年金暮らしで時間に余裕のある横浜の義母は、何故か休日に鎌倉へ出かけては「人混みで疲れたわ〜〜」とよく言っています。家から40分ほどで着いてしまうところなのに、わざわざ混雑の中へ飛び込むこともなかろうに…と毎度心の中で思っています(^^;

茨城県でもこういう風情の駅は、山の方へ行かないとありませんが、いい風情ですね。

f0279566_15412638.jpeg


北鎌倉駅で降りてすぐの円覚寺へ。
f0279566_14534646.jpeg
平日とは言え金曜日。週末のせいかけっこうな人出です。
紅葉の時期に鎌倉を訪れるのは実は初めて。
この時期、昨年までは京都へ行ってましたのでどうしても比べてしまうのですが、鎌倉は紅く色付く木が少ないようですね。

円覚寺境内を歩いていると…
f0279566_15015527.jpeg
心がまぁるくなります。

前回、昨年の9月にここを訪れた時は…
f0279566_15041166.jpeg
こんな言葉が書かれていました。
光で読みずらいですね。
とらわれるな 風のようにあれ
とらわれるな 雲のようにあれ
とらわれるな 光のようにあれ

読んだ時はドキドキしました。

そして豪快なこちら…(撮り方が下手でごめんなさい💦)

f0279566_15214565.jpeg

書家 金澤翔子さんの書です。

初めて彼女の作品を観たのは2〜3年前、確か京都でだったと思いますが(日光のような気もする…)、その力強い潔さを感じて立ち止まりました。

そこにあった説明に、ダウン症の書家とあり驚いたものでした。

障害を先に出してしまうと感動ポルノになってしまいかねませんが、そこを抜きにして何もわからない素人を感動させられる…これこそ芸術なのかと思いました。


こんな記事を見つけましたのでご参考までに…。

みんなそれぞれの苦しさを携えて生きているのですね。


鎌倉から横道に逸れました^_^;

昼食は、駅近の「笹の葉」へ。

精進料理とあったので探してみると、路地の奥にひっそりと立つ風情ある古民家…(いや、もうこの前の台風でよく壊されなかったわね〜と思ってしまうようなお家…あ、ごめんなさいm(__)m

でも引き戸の玄関を開けると何やら賑々しく、お客様は満杯でした。

f0279566_15471640.jpeg
私好みの家庭的な精進料理で美味しゅうございました。

この後は明月院へ。

入り口にいたのは2匹の秋田犬❣️
f0279566_15595157.jpeg
ザギトワの件があり、ずいぶん注目されました。

私が幼い頃、裏の家で大きな秋田犬を飼っていたのですが、幼い私にはかなり恐ろしく映っていました。
鎖に繋がれていたのですが、回覧板を持っていくと吠えて襲いかかってきそうで、小道の端を顔を向けたままソロリソロリと歩いたものでした。

飼い主の方にその話をすると、「改良(?)されて昔よりおとなしくなったみたいですよ〜」と。
確かに、ナデナデしてもどこ吹く風。

それにしてもたまらないモフモフ感でした♡
ザギトワが惚れたのはこのモフモフ感ではなかろうかしら?

また横道に入ってしまいました…

明月院といえば紫陽花ですが、今の時期はありませんのでやはり「悟りの窓」でしょうか。

f0279566_16114297.jpeg
観光案内にあったような見事な紅葉はみられませんが、やはり風情は良いですね。

こちらは昨年9月、まだ夏も終わらない時期の悟り窓。
f0279566_16132981.jpeg
大きさが違うのではっきりしませんが、季節の移ろいは感じられるでしょうか。

帰り際、入り口近くの小さな橋の欄干に可愛らしい置き物を発見しました。(今まで気付きませんでした)

f0279566_16183739.jpeg
ウサギとカメが仲良く並んで何かを見上げています。
何を見ているのかしら…想像するのが楽しかったです。
明月院だから、やはり月を見ているのかしらね。

この後は八幡宮を経由して帰路につきました。

が、今回の東京行きの本題はこの夜に予定されていた堤真一主演のお芝居「民衆の敵」を観ることでしたので、この後は渋谷へ。

私がやれミュージカルだ、お芝居だと言っているのを聞いていた主人。
柄にもなくふと興味を持ったのか「たまには俺も観てみたい」とのたまうので、社会派作品なら観やすいかと選びました。何しろミュージカルは嫌だと言われたら、選択の幅が狭いじゃないですか。

さてさて終演後、どうだった?と聞いてみれば、
「オレはもういい‼︎」と言い放ちました。
あぁ、やっぱりねぇ…予想はしていましたよ。
イプセンが書いた、利益と倫理と正義感を描いた戯曲で内容は悪くないけれど、どうにも納得がいかなかったらしい…。

ま、好みの問題もあると思うので仕方ないですね。

実はこの翌々日の日曜日、休日の娘の要望で新宿でヨシモトを観ました。
寄席は行きますが、ヨシモトは初‼︎

単純に笑えて、主人と行くのはお笑いがちょうどいい^^;と悟った日でした(´-`).。oO


f0279566_16472348.jpeg












# by makemeup_451248 | 2018-12-18 14:40 | お出かけ | Comments(4)

初冬の東京

今年もあっという間に12月。

先週末は東京で過ごしました。
落ち葉の風景は初冬のそれだけれど暖かくて、冬というよりはまだまだ秋。

新宿御苑
f0279566_15335919.jpeg

f0279566_15343045.jpeg

赤く色づいた木と色褪せた芝生だけが季節を映していますね。

サクラが咲いていました。
f0279566_15365786.jpeg
十月桜。 春と秋の2季咲きで江戸時代から親しまれているとのこと‼︎ 知らなかった( ゚д゚)

f0279566_15393416.jpeg
子福桜。 カラミザクラとコヒガンザクラから生まれた栽培品種。こちらは10月から3月にかけてが花期だそうです。
桜の品種は想像以上に多いらしいとは知っていましたが、寒い時期に咲く桜って、ヒガンザクラと言われるものばかりと思っていました(゚ω゚)

でもこの時期に咲いている桜は全国的には珍しいのか、外国人も含めて多くの人がカメラに納めていました。

推定樹齢120年以上のモミジバスズカケの木。
f0279566_15500636.jpeg
幹回り6.3m、大人5人でやっと囲める太さ。
樹高26m。
すっかり葉を落として、また新しい年に備えています。
こんな大きな木に触れると、季節を問わずエネルギーをもらえるような気がします。

f0279566_15560301.jpeg
秋らしい紅葉と一足早く咲き始めた水仙。

秋と冬が交錯する季節ですね。

この後は子供たちと食事の約束をしていたので銀座へ。

4時きっかりに点灯したブルガリの大蛇。
f0279566_15592024.jpeg
まだ明るいのでよくわかりませんね(^^)/

カルティエのウインドウがとても可愛らしくお洒落。
f0279566_16033093.jpeg
実際にはこんな感じの飾り付けがいくつか並んでいます。ストーリーを感じますね。

銀座ではこの時期にディスプレイコンテストがあるのですね〜。カルティエは銀賞だったようです。

さすが銀座。華やかです!

食事は娘の希望で「俺のフレンチ」へ。
東京のあちらこちらにある「俺の…」シリーズ。

Jazzの生演奏があって雰囲気はいいのですが、「俺」と冠するだけあってくだけていてかなり騒々しいお店でした(^-^;
気負わずに楽しくお喋りできていいかもしれません。
f0279566_16120797.jpeg
立地の割にはお値段もリーズナブル。
混んでいるわけですね。

初冬の東京で楽しいひと時を過ごしました^ ^




f0279566_16220397.jpeg









# by makemeup_451248 | 2018-12-08 15:21 | お出かけ | Comments(0)